小山力也さんDVD版映画吹き替え感想(劇場公開アニメ含む)(2008/11/29新設 2012/05/22更新)

★思い出して一言感想をつけてみました。大抵は、出た直後に借りて観ているので、記憶があいまいなものもあり。以前に掲示板に感想を書いた作品については、それをコピペして「」でくくって載せたのもあります(少し書き換えたのもあります)。感想が短いのがよくなかったわけでは全くありません。もう素晴らしくて、何も言葉で言うことありません〜!!というのもありますので。基本ネタバレしていますので、未見の方はご注意ください。題名横の日付はレンタル開始日。

【追記2011.10.02】1999年から2011年リリース分DVD感想アップ完了しました。題名オレンジ色は後日追加分。
なお、テレビ放映版映画と海外ドラマ感想記事の目次はこちら。


2011年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計2/5  99年から累計151/208
スパルタンX(1984,香港) アメリカン・ギャング(ベニー・ユキーデ) 2011/11/18
ラスト・ターゲット(2010,アメリカ) ジャック/エドワード(ジョージ・クルーニー) 2011/11/04
僕が結婚を決めたワケ(2011,アメリカ) ロニー・ヴァレンタイン(ヴィンス・ヴォーン) 2011/06/22
GAMER -ゲーマー-(09,アメリカ) ケーブル/ジョン・ティルマン(ジェラルド・バトラー) 11/04/06
ヤギと男と男と壁と(09,アメリカ) リン・スキップ・キャシディ軍曹(ジョージ・クルーニー) 11/01/07


2010年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計3/5  99年から累計149/203
ブレイキング・ポイント(08,アメリカ) ララビー(ガイ・ピアース) 10/12/03
サイコ(1960,アメリカ) サム・ルーミス(ジョン・ギャヴィン) 10/11/26(ブルーレイ) *吹き替えが入っているのはこのブルーレイ版のみ?
マイレージ、マイライフ(09,アメリカ) ライアン・ビンガム(ジョージ・クルーニー) 10/08/27
タイタンの戦い(10,アメリカ) アクリシオス王/カリボス(ジェイソン・フレミング)10/08/25 *吹替版劇場公開2010年4月23日
ハードワイヤー 奪われた記憶(09,アメリカ) ルーク・ギブソン(キューバ・グッディングJr


2009年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計10/16  99年から累計146/198
ブラック・ウォーター(08,オーストラリア) アダム(アンディ・ロドレーダ) 09/11/26
天使と悪魔(09,アメリカ) オリヴェッティ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ) 09/10/28 *吹替版劇場公開2009年5月15日
ウォーロード/男たちの誓い 完全版(07,中国・香港) パン・チンユン(ジェット・リー) 09/09/18
バーン・アフター・リーディング(08,アメリカ) ハリー・ファラー (ジョージ・クルーニー) 09/09/11★
ダンディー少佐 エクステンデッドバージョン (1964,アメリカ) ダンディー少佐(ジェームズ・コバーン) 09/08/05
アンダーワールド ビギンズ(09,アメリカ) クレイヴン(シェーン・ブローリー) 09/08/05
危険な遊戯 ハマースミスの6日間(1990年) リッキー・アレン(キーファー・サザーランド) 09/08/05
要塞監獄 プリズナー107(1993,アメリカ) デンバー・ベイリス(キーファー・サザーランド) 09/08/05
ミラーズ(08,アメリカ) ベン(キーファー・サザーランド) 09/07/03
チェ 39歳別れの手紙(08,アメリカ・フランス・スペイン) チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ) 09/06/12
チェ 28歳の革命(08,アメリカ・フランス・スペイン) チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ) 09/05/08
覇王伝アッティラ EPISODE1 英雄の宿命(01,アメリカ) アッティラ役(ジェラルド・バトラー) 09/05/02
覇王伝アッティラ EPISODE1 帝国への道(01,アメリカ) アッティラ役(ジェラルド・バトラー) 09/04/10
かけひきは、恋のはじまり(08,アメリカ) ドッジ(ジョージ・クルーニー) 09/03/25
バトル・ライン(08,アメリカ) キモ(オマリー・ハードウィック) 09/02/25
プリズン・サバイブ(08,アメリカ) ウェイド(スティーブン・ドーフ) 09/01/28


2008年リリース分  ★観た作品数/把握してる作品数→年計4/11  99年から累計136/182
『ドラゴン・キングダム』(08,アメリカ)ジェイド将軍(コリン・チョウ) 08/12/05
未見


『あいつはママのボーイフレンド』(08,アメリカ) トミー(アントニオ・バンデラス)08/12/02(レンタル)/08/12/21(セル)
小山さんは、アントニオ・バンデラスですから、とても華やかな雰囲気の吹き替えです。聴いてて気持ちいいです!この映画、ラブコメみたいな宣伝の仕方がされていますが、本筋は、母と息子の再生の物語なのでは? それも母が息子から自立するのではなく、実は息子が「母の保護者」という役割から自立する話。トミーは脇役で、母と息子が本当の主役。とても爽やかな終わり方で、いい映画です。むしろ、ラブコメ以外のものを見たい方にこそおすすめの映画です。


『フィクサー』(08,アメリカ)マイケル・クレイトン(ジョージ・クルーニー) 08/09/12
小山さんにしては、やや、ピントが甘いかもと思いました。小山さんだけではなく、吹替版の演出の方向性がそうなのか、主な役が感情的な感じ。もう少しだけ抑えた、シャープな感じで見たかった。クルーニー作品は、点が辛目になります。済みません。


『蛇男 THE SNAKE』(06,フランス) プレンデール(クロヴィス・コルニアック) 08/08/29
プレンデールがどういうキャラか、悪役の顔、トラウマを抱えた悲しみの顔、両方ともちょっと中途半端な印象。これも辛口で済みません。


フィースト(05,アメリカ) ヒーロー(エリック・デイン) 08/08/22
未見


サウスランド・テイルズ(06,アメリカ) ボクサー・サンタクロス(ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン) 08/08/07
未見


フリーウェイ(1996,アメリカ) ボブ(キーファー・サザーランド) 08/06/06
未見


キーファー・サザーランド in エアポート24時(1998,アメリカ) ジャック・ハリス(キーファー・サザーランド) 08/06/06
未見


沈黙の激突(06,アメリカ) ドウェイン(デヴィッド・ケネディ) 08/03/19
未見


エディット・ピアフ 愛の讃歌(07,フランス・チェコ・イギリス) マルセル・セルダン(ジャン=ピエール・マルタンス) 08/02/15
感想こちらに上げています。


ファイナル・ソルジャー(05,ニュージーランド/イギリス ) ドイル(キーファー・サザーランド) 08/01/25
未見



2007年リリース分  ★観た作品数/把握してる作品数→年計11/15  99年から累計132/171
『オーシャンズ13』(07,アメリカ) ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー) 07/12/19
映画そのものは映画館で観たのですが、吹替版DVDは未見。これはお正月の楽しみに取っておきます(^^)。


『プロジェクトBB』(06,香港・中国) フリーパス(ルイス・クー) 07/09/21
文句なしに楽しい吹き替え!ルイス・クーの甘くてかっこよくて、心が暖かい雰囲気と小山さんのお声がとてもよく合っている。スピード感あるし、甘えたな声も◎。


『シークレット・パラダイス(03,豪・英・仏・独) ゴーギャン(キーファー・サザーランド) 07/08/24
ブログ感想記事(2011.4.10)から転記
------------------------------------
この映画、あまり期待せずに観たが、とてもよかった。フランスとタヒチでの生活とが交互に出てくる構成で、芸術と現実・生活を聖と俗として単純化し過ぎに思われて、色々突っ込み所もあるが。 小山さん吹き替えの芸術家物としては、『モディリアニ』に次いでよかった。キーファーがとても繊細な表情の変化を見せているのに、小山さんの演技が最初から最後までやや単調な(小山さんのほかの吹き替えに比べると)のが『モディリアニ』に比べるとちょっとだけマイナスポイントかなと。ゴーギャンの妻、ナスターシャ・キンスキー&吹き替え勝生さんの演じる「ごく普通の女性の気持ち」に共感できました。ネタバレになるので言いませんが、彼女が一番最後に登場する場面がすごくいい。
ラストの「我々はどこから……」のところは、さすが小山さんでしたね〜!今あんまりアクションものとか観る気がしないので、この作品はとても今の気持ちにはフィットする映画でした。


『ブラックブック(06,オランダ・ドイツ・イギリス・ベルギー合作) ハンス・アッカーマンス(トム・ホフマン) 07/08/24
う〜ん、私はこれは、小山さんの演技力がうまく生かされていないように感じた。これまた辛口で本当に済みませんでもとても心に残る役ですね。あと、内容的にとても重い話で、悲惨な場面が出てきます。


『甲虫王者ムシキング スーパーバトルムービー 〜闇の改造甲虫〜』(07,日本) リッキー(ヘルクレスリッキーブルー) 07/08/24 *アニメ劇場公開2007年3月
これも文句なし、素晴らしいです!!2007年3月に映画館で観た直後、掲示板に書いた感想を少し書きかえたのを載せておきます。
------------------------------------
「小山さんの役は、リッキー(ヘルクレスリッキーブルー)は最初から最後まで登場し、セリフも多い準主役、この映画の主題を担っている役ではないかなと思います。傷だらけの正義の味方といった役どころですね。あらすじが掲載されているサイトなどを見ますと、一見敵役かと思いますが、それは、(虫を操る闇の妖精)アダーに操られていたから。自分を助けてくれたポポとムシキング達のため、アダーに捕らわれたムシキングを救出に向かいます。最後はハッピーエンド。ラストの旅立ちの場面もほろりとさせられます。ムシキング達と別れてゆくときの、小山さんの一連のセリフはとても説得力がありますね。台詞の量もムシキングより多いんですよ。この役はやっぱり、「傷だらけ」なのがポイントで、瀕死の状態で、「ああ(←うめき声!)、どうして、どうして、優しくしてくれるんだ?」(助けてくれるんだ?だったかも)とか、もうめっちゃセクシーで!(^^)。全体に、そう、苦しんでいる表情のお声が聞けたのがよかったですね。私はもっと、二枚目半的な明るいキャラなのかなと予想してたのですが、そうじゃなくて、結構シリアスな役ですよね。「傷だらけで力強い系のお声」を想像して下さるといいかなと思います(^^)。回想の「私にも家族がいた」の所とか、アダーに再び操られそうになるものの、ぎりぎりで元に戻ったときの「母さん!」など、私はこのあたりが泣けました。(全編通して、「母の愛」が隠し味として効いています)それと、最初のナレーションも小山さんのお声ですよね。リッキー役のお声とはまた違う、ナレーションのお声。あれはもうメロメロになってしまいました。
小山さんお得意の、揺れ動く感情表現、正義感、画面上にあまり説明されていないその人物(この場合甲虫ですけど!)のつらい過去が短いセリフでにじみ出る瞬間など、見所は多いです。春休み子ども向け映画ということで、もっと賑やかで、気分的についていけないのではと思ってたのですが、小山さんの役だけでなく、全体に「泣ける」しみじみした良い映画ですね。卑怯なことをしてはいけない、というメッセージを強く感じました。」


ギャングスターズ 明日へのタッチダウン(06,アメリカ) ショーン(ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)) 07/08/22
未見


『ザ・ディフェンダー』(06,アメリカ) ウェイン(ラザーク・アドティ) 07/07/25
命を狙われている元チャンピオンボクサーで今は実業家の吹き替えが小山さん。そんなにごつごつしてなくて意外とゆるい所もある作品で、吹き替えで観るのにちょうどいい映画。午後のロードショーとかにありそうな。のんびり楽しめました。小山さんの役の姉の吹き替えが安藤麻吹さん。このお二人の組み合わせ、好きです。話が終わりまできて一家の家族の絆が感じられるところもよかったです。


スキャナー・ダークリー(06,アメリカ) フレッド/ボブ・アークター(キアヌ・リーヴス) 07/05/25
お声は素敵なのですが、アメリカのアニメの画面が私は苦手で。済みません。


『リプリーズ・ゲーム』(02,アメリカ・イギリス・イタリア) ジョナサン(ダグレイ・スコット) 07/04/25
マルコヴィッチの存在感が強すぎるので、吹き替えで見るのは向いてない作品かもしれません。小山さんの吹き替えに「ヨーロッパの職人」という雰囲気がいまいち弱かったような気が。


スネーク・フライト(06,アメリカ) スリー・ジーズ(フレックス・アレクサンダー ) 07/04/20
未見


インヴィンシブル/栄光へのタッチダウン(06,アメリカ) ヴィンス・パパーリ(マーク・ウォールバーグ) 07/03/21
未見


デッド・フライト(07,アメリカ) ポール・ジャド(リチャード・タイソン) 07/03/21
未見


『トゥモロー・ワールド』(06,イギリス) ルーク(キウェテル・イジョフォー) 07/03/21
ブログ感想記事(2011.2.28)から転記
------------------------------------
何をどうしたい映画なのかよくわからなかった。えっ? これで終わりなん? 結局、どういう話なん? みたいな終わり方で終わる。いや、私が、この映画の文脈を全然わかっていないだけのことなんだが。近未来ものというより70年代懐古風に見えた。だから懐かしい感じはあるのだが、でもそれがちょっとべたべたし過ぎてるような。どっちにしても、文脈わかってないよ(泣)、私。
小山さんの出番&セリフは少なめ。前半にちょっと出てきて、もうそれで終わりなのかと思ったら、後半にも本当にちょっとだけ出てくる。特にどうということのないキャラなので(済みません!)、わざわざ小山さんの吹替えを観るためだけに観るなら、ちょっともったいないかも。


『ザ・センチネル 陰謀の星条旗』(06,アメリカ) デヴィッド・ブレッキンリッジ(キーファー・サザーランド) 07/02/02
『24』とはまた違う、スマートな感じのお声です。素敵でした。


『ドリームシップ エピソード1/2』 (04,ドイツ) ロック(ティル・シュヴァイガー)07/01/26
ロック(ティル・シュワイガー)は、メインの3人ではないから、セリフそんなに多くないのかなあと思っていたら、全然違って、途中からほとんど主役みたいに大活躍!スペースタクシーで颯爽と登場するところから、もうやられました。馬上槍試合のところもよかったですね!全体に、小山さん、明るくて、すかっとしてて、楽しい吹き替えです。お姫様を救う騎士みたいな役どころ(←正確には違います(笑)!)に中世に行ったときにはなっちゃってるので、SFのパロディー? 私にはついていけないかも? という私にもついていけました(笑)。いろんな表情のお声が聴けるので、ファンとして嬉しいですね。
元の俳優さんがそれぞれ素晴らしいのですが、有名どころを起用した吹替版で、吹き替えも作り込まれていて素晴らしいです。



2006年リリース分  ★観た作品数/把握してる作品数→年計13/20  99年から累計121/156
キーファー・サザーランド IN ガンブラスト(02,アメリカ) バンクス(キーファー・サザーランド) 06/12/02
未見

『ハムレット』(1947,米) ハムレット(ローレンス・オリヴィエ) 06/11
いやあ、これはもう感涙というか、よくぞ出してくださいました、という感じで、本当に素晴らしい!!!


『哀愁』(1940,米)ロイ・クローニン(ロバート・テイラー) 06/11 *DVDパッケージでは別の方のお名前になってしまっていますが、小山力也さんの吹き替えです。
未見


『レベッカ』(1940,米) マキシム(ローレンス・オリヴィエ) 06/11
観た直後に掲示板に書いた感想を貼っておきます。「素敵でした〜。大富豪マキシムの役なので、使用人に命じるときの言い方やヒロインに対する態度など、上から物を言うことに慣れた人のセレブのオーラ!が漂っています。マキシムは、ヒロインに対して、時に高圧的なので、キレたお声も聴けます。これがまた、いいんですね〜(^^)。印象に残ったのは、ヒロインに、小屋で過去の出来事を告白するシーンです。レベッカがいかにひどい女であったかを打ち明ける時、彼女の言葉をそのまま再現するのですが、そこがなかなか素敵なのです〜。マキシムがいかに傷ついていたかが、手に取るようにわかるような演じ方をされている。私は『レベッカ』ではこの場面が一番気に入りました。」


『グッドナイト&グッドラック』(05,アメリカ) フレッド・フレンドリー(ジョージ・クルーニー) 06/11/22
映画館で観たのですが、吹替版DVDは未見。


『ウェディング・クラッシャーズ』(05,アメリカ) ジェレミー(ヴィンス・ヴォーン) 06/11/02
前半のドタバタ調がいつまでも続くと思いきや……終わり近くにある「遅いじゃないか」というセリフに、「小山さんってほんと、こういうの上手いよなあ」と新鮮な感激が。暖かくて、とても心に残る1本です。


『ビハインド・ザ・レッド・ドア』(02,アメリカ) ロイ(キーファー・サザーランド) 06/09/27
この映画、もちろん、キーファー・サザーランドの吹き替えが小山さんです。長年疎遠になっていた兄ロイ(キーファー・サザーランド)と再会したカメラマンのナタリー(キーラ・セジウィック)。実はロイはエイズの末期だった。それでも、横暴で威圧的な兄にはうんざりで、「もう私は帰るからね!仕事があるから!」ということを言ったりするが、結局は、兄につききりで看病することにする。2人だけの最後の日々、母の死の謎、彼ら兄妹が子ども時代に受けた心の傷。
思っていたより、重くなく、いい映画でした。最初は、横暴でえらそうに怒鳴り散らしてるロイが、死が近づくにつれ、段々変わっていって、本来の優しいやわらかい心を見せていくところの演技が、キーファーも小山さんもすばらしい。薬はもう飲まないと言うところで、妹を励ます場面がよかったです。吹き替え的に、前半=(妹に)威張り散らす、中盤=甘える、終盤=励ますと、いろいろな表情が見られるのがいいですね。最初は兄に反発し怒っている妹、妹に強圧的な兄、その2人が次第に歩み寄り、柔らかく心を通わせていく心理変化が自然で(オリジナルの俳優さんも吹き替えのお二人もどちらの演技も素晴らしいので)、とても清らかなものに触れたような気持ちになる。心を閉ざして孤独に生きてきた妹の再生がテーマになっているので、ロイは死んでしまいますが、観終わって爽やかないい映画でした。 なお、このDVDは特典映像で小山さんのインタビューがついています。(レンタル版にもついてます。)


タイフーン(05,韓国) シン(チャン・ドンゴン)06/09/08
未見


『名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)』(06,日本) 竜 阿茶 06/09/08 *アニメ劇場公開2006年4月
「劇場に観に行きました!ほとんど出番のない役ですが、こういう役が嬉しくて、嬉しくて、観てしまうのがファンというものだと思います(^^)。セリフがちょっとしかなくても、劇場公開版にご出演というのは、格別のものがありますよね。掲示板に書いた感想を貼っておきます。「小五郎の知り合いの探偵、「竜 阿茶」という役です。この人は、初めて出てくる役だと思います。少なくともテレビシリーズには出ていない役。始まってわりとすぐに登場しますが、小山さんのセリフは、1〜2分ぐらいしかありません。思わず、その場面が終わった後に、「うそ〜!」と叫んでしまったのですが(笑)、それでもやはり、劇場版への御出演はとっても嬉しいので、楽しく拝見することができました。パンフも買いましたよ。「竜 阿茶/小山力也」と載っています。どういう役割かは、観てのお楽しみということで!小山さんの登場したあのシーンは、「24」のパロディっぽい雰囲気もかすかに(あくまでも私の見方ですが)。最後の方の、コナン君が時間と闘いながら苦労するシーン、クロエがいたらすぐ解決だろうにと思ってしまいました。」


アンダーワールド2 エボリューション (05,アメリカ) クレイヴン(シェーン・ブローリー)06/08/23
未見


『クラッシュ』(04,アメリカ) キャメロン(テレンス・ハワード) 06/07/14
「テレビ局の演出家キャメロン(テレンス・ハワード)の声です。主要な登場人物の一人です。いわゆるかっこいい男、ではないのですが、最初に登場したときのシーンから、キャメロンの最後のセリフ(あの一連のシーンは印象深いですね)に至るまでの、映画に直接描かれていない、彼の心情の変化していった様子が、途中のセリフ、最後のセリフと、小山さんのお声で短いのにじっくりと表現されていて、とても心に残りました。俳優としては、私は、ドン・チードルと、女の子のお父さん(鍵屋さん)を演ったマイケル・ペニャがよかったです。短いシーンでもすべてが伏線になって、絡み合っていて後でつながりがわかるんですね。とても見ごたえのある映画でした。」


『シリアナ』(05,アメリカ) ボブ・バーンズ(ジョージ・クルーニー) 06/07/14
未見


『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(05,アメリカ) ジョニー・キャッシュ(ホアキン・フェニックス) 06/05/26
「小山さんのジョニー・キャッシュ、と〜ってもよかったですよ!こういうの好みです。甘いセリフも素敵だし、ジョニーには似合わないセールスマントークも、あれはなかなか、あまり聴けない雰囲気のお声でよかったですが、私はこの作品では、後半からのダメ男ぶりが気に入ってしまいました。同じ駄目男でも、モディリアーニほど、「もうこれは、この人どうしようもないわ!」というほど駄目ではない。才能はあってきらきらしている反面、それでも普通に駄目で弱い、という「普通の駄目さ加減」が、小山さんのセリフでうまく表現されていて、とても共感できました。ジョニーの父親役の内田直哉さんも素敵でした。序盤のキレた声。中間部から後半の、息子の才能と実績を心の底では認めており、歩み寄りたい気持ちもあるがあくまでも皮肉っぽい声。ラストの、父子が和解する、孫を間に挟んださりげないやりとりが、小山さん、内田さんお二人の、自然な演技が、ああ、いいなあ〜と思いました。ジューンとの色んなやりとりは全部もちろん素敵なのですが、私は実はここのラストシーンの小山さんの声、「おじいちゃん」って父親に言うんですけど、それが一番心に残っています。何と言うのだろう、子どもの時からずっと心では泣きながら生きてきて、決して強くはない、駄目な所をいっぱい持ってる人が、長い年月かかって、やっとたどりつけた境地というのが、父親と和解したことを示すセリフに自然ににじみ出ているという感じ。全然違うんだけど、ジョニーの生い立ちってちょっとダニーを思い出させる所がありました。ハッピーエンドなので安心して観られます。音楽もよかったし、ジューンのファッションがすごくかわいくて素敵でしたね。歌も吹き替えてほしかったなあ!」


ダーク・ウォーター(04,アメリカ) カイル・ウィリアムズ(ダグレイ・スコット) 06/05/26
未見


『Mr.&Mrs.スミス』(05,アメリカ) エディ(ヴィンス・ヴォーン) 06/04/05
「Mr.スミスの友人エディ役。スミス夫妻以外では、一番たくさんしゃべってるのではと思います。(ほとんどスミス夫妻の掛け合いで進むので、それ以外にあまりしゃべる人がいないのですね。)とっても楽しくて3枚目路線の役、エディが出てきて何か言うたびに爆笑の連続でした。「ママ〜」(母親と同居している設定)とか、「ねえちゃん」(ウエイトレスに)とか、ほかでは聞けないセリフ、声の調子を楽しませてもらいました。 」


『マザー・テレサ』(03,イタリア・イギリス) セラーノ神父(セバスティアーノ・ソマ) 06/02/24
「小山さんの役、セラーノ神父。最初は厳格でちょっと冷たい感じのするエリート神父が(テレサの活動を調査するために、バチカンから派遣されてきた。後にテレサの片腕となるという設定)、テレサの人柄に触れ、その心を変化させていくところが聴き所の1つです。「神の鉛筆」を誰もとめられない、の部分も素敵だけれど、私は「マザー・テレサ!わたくしもインドに残ります。やることがたくさんありますから!」というところがまず気に入りました(^^)。小山さんの「わたくし」という丁寧な1人称は、どの役で聴いても、素敵ですよね。私的なもう一つのお勧めポイントは、「実務」ということが頭にないテレサのために振り回されて、いろいろトラブルが発生し、困っているときのセラーノ神父の声です。
そして、私がこの映画を最後まで見て、一番感動したところは、テレサの死の後、彼女の志を受け継いだ人たちのセリフが、順にリレーされていき、最後にもう一度テレサの声に戻るところです。最後のところ、こんな感じ。(この前にも幾つか同じようなセリフがあるのですが省略、小山さんの直前の部分だけ)
「理解されるより理解することができますよう」(アンナ堀江真理子さん)
「愛されるより愛することができますよう」(グプタ医師牛山茂さん)
「何故なら与えることは受け取ることだから」(セラーノ神父小山さん)
この後に、マザー・テレサ(池田昌子さん)のセリフが続きます。
この一連のシーンは、吹き替えの皆さんのお声が心に静かに伝わってきて、それぞれ素晴らしいのですが、小山さんのこのセリフは、何と言うかうまく言えないのですが、すごく衝撃的でした、私には。「ああ、またやられた〜、すごいわ」という。セラーノ神父の言葉。文字で読むと、どうということもないように見える言葉なのに、小山さんのお声は、それまでずっとつなげられてきたセリフを丁寧に引き取って、「本当に心からそう思い、長年にわたって行動してきた」ということに裏打ちされたセラーノ神父の心からの思いという感じが伝わってきます。とてもすがすがしく、深いセリフと思いました。ほかならぬ小山さんの演技で、この部分(テレサの弟子と言える人達の言葉のリレー)がぎゅっと引き締まって、次の池田さんのセリフに気持ちを渡していく、全体を引き締めて主題に一気に収斂していく感じが、「あ〜!これが小山さんだ〜〜!!」と強く思ったところです。この手の偉人伝みたいなのは苦手という方にも、案外、ご覧になったら違う感想を持たれるかもと思うので、お勧めします。とても丁寧でじっくり聴ける吹き替え版ですね。 」


『Dear フランキー』(04,イギリス) ストレンジャー(ジェラルド・バトラー) 06/01/27
「小山さんのストレンジャー、本当に素晴らしかったです。最初にフランキーに会ったときの、「こんな可愛い子を騙すなんて」という感じの苦しそうな、躊躇したお声にはっとしました。マリー達と飲みに行った帰りに、リジーと歩きながら話す場面が、心にしみて、とてもよかったです。フランキーの賢さと強さが、すがすがしい。観ていて、大人の自分が叱られている様な気さえしました。フランキーがなぜ「ほんとうのこと」を知っていたか。実際子どもって賢くて、本当は何でもよくわかっていると思います、フランキーに限らず。特にこういう自分の家族の問題については、何かはっきりとしたことがなくっても、気づいてしまうものだと思う。あの結末の展開は自然で納得できました。全体に、ストレンジャーのセリフの量はすごく多いわけではないのに、いつまでも心に残り続ける吹き替えですよね。大きくて暖かく包んでもらえる感じ。悲しい映画ではないので、疲れている時などにもお勧めです。 」


『劇場版 鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者』(05,日本) ルドルフ・ヘス 06/01/25 *アニメ劇場公開2005年7月
これも劇場で観ました。よかったです。もう少し小山さんのセリフをいっぱい聞きたかったなあとは思いましたが。


『ステルス』(05,アメリカ) ベン・ギャノン大尉(ジョシュ・ルーカス) 06/01/25 *吹替版劇場公開2005年10月
「「ステルス」、行ってきましたよ〜〜!in ユナイテッド・シネマ岸和田。とってもとっても良かったです〜〜!!実は、正直に言うと、最初は、そんなに心惹かれるジャンルでもなしと、
映画そのものにはあまり期待していなかったのですが、それは先入観で、小山さんの魅力的な吹き替えにどんどん引き込まれて、最後まであっという間でした。とても楽しめましたし、途中、色々と考えさせられもしました。小山さんは、ベンの、その時々で心の揺れ動く表現が丁寧で細やか。そして、この映画全体にきっちりと起承転結をつけられています。
また終盤の、ある所から先の展開(ネタばれになるので書きません)、明るくすかっとした感じのお声が、爽快でした。吹き替えの皆さんが、どの方もとても丁寧に演じられていて、拝見していて気持ちよかったです。メインの方だけの会話で、ほとんど進みます。この素晴らしいメンバーですから、じっくりと、吹き替えの演技を堪能できました。」


『モディリアーニ〜真実の愛』(04,フランス・イギリス・イタリア) モディリアーニ(アンディ・ガルシア) 06/01/07
「最初は、わりと淡々と観ていたのに、終盤、絵のコンペでモディリアーニの絵が紹介される、ジャンヌの涙、この瞬間、この時点で、わ〜っと涙があふれ出て、続けて映像にかぶさって聴こえてくる小山さんのセリフ(どんなセリフかは、今ここでは書きません)。もうあれ聴いたらだめでした〜!!うわ〜っと来る感じ。ここのセリフは、最初の方に出てくるあるセリフが繰り返されてるんですが、ふわっ〜と明るい、何とも言えないお声なんですよ。愛に満ちていますね〜!破滅的だったり、孤独だったり、滅茶苦茶でどうしようもない、そんな人間を演じて、でも、この場のこのセリフのお声が流れる瞬間、ふっと透明で明るくて、しかも今目の前で語られてきた物語のさらに向こうにふわっと大きく広がっていくようなものがある。
大きく広がるような、とらえがたい何か、名づけ難い何か、それが小山さんのセリフ、お声から見えるような、その瞬間!ああ、これこれ、これが小山さんだ〜!って思います。」



2005年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計6/13  99年から累計108/136
プテラノドン(05,アメリカ) マイケル・ラブクラフト(キャメロン・ダッド)05/12/23
サハラ 死の砂漠を脱出せよ(05,アメリカ) ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー) 05/10/21
マシニスト(04,スペイン・アメリカ) トレバー(クリスチャン・ベール) 05/09/22
コンスタンティン(05,アメリカ) ジョン・コンスタンティン(キアヌ・リーブス) 05/09/02
香港国際警察 NEW POLICE STORY(04,香港) クワン警部(ユー・ロングァン)  05/08/26 (←この作品名2011.06.22に転記)
クライシス・オブ・アメリカ(04,アメリカ) ベン・マルコ少佐(デンゼル・ワシントン) 05/07/22
フランケンフィッシュ(04,アメリカ) サム(トリー・キトルズ) 05/07/06
オーシャンズ12(04,アメリカ) ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー) 05/07/01
アウト・オブ・タイム(04,アメリカ) ディーン(ウェズリー・スナイプス) 05/05/27
パニッシャー(04,アメリカ) フランク/パニッシャー(トム・ジェーン) 05/05/25
ブレイザウェイ(04,アメリカ) フェデロフ(ロレンツォ・ラマス) 05/05/07
クライモリ(03,アメリカ、ドイツ) クリス・フィン(デズモンド・ハリントン)
05/04/22
AVP2 エイリアンVS. プレデター(04,アメリカ) エディ・モラレス(ジョン・オーティス) 05/04/15


2004年リリース分→ブログに感想上げました。   ★観た作品数/把握してる作品数→年計25/32  99年から累計102/123
ヴァン・ヘルシング(04,アメリカ) ヴェルカン(ウィル・ケンプ) 04/12/22 *吹替版劇場公開2004年9月
ランダウン(03,アメリカ) ベック(ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)) 04/11/26
トスカーナの休日(03年,アメリカ) マルチェロ(ラウル・ボヴァ) 04/11/17
クオ・ヴァディス(03,ポーランド、アメリカ) 将軍マルクス(パヴェウ・デロンク) 上巻04/10/08、中巻・下巻11/05
ディボース・ショウ(03年,アメリカ) マッシー(ジョージ・クルーニー) 04/09/29
ワイルド・スタリオン(02,アメリカ) パリー(キーファー・サザーランド)04/09/01
殺人の追憶(03,韓国) ソ刑事(キム・サンギョン) 04/08/27
気まぐれな唇(03,韓国) ギョンス(キム・サンギョン) 04/08/27
ヒットラー(03年,アメリカ、TVドラマ) Ernest Hanfstaengl(リーヴ・シュライバー) 04/08/06
タイムライン(03,アメリカ) アンドレ・マレク(ジェラルド・バトラー) 04/07/23 *吹替版劇場公開2004年1月
ニューオーリンズ・トライアル(03,アメリカ) ローレンス・グリーン(ジェレミ-・ピーブン) 04/07/23
スパルタカス(1960,アメリカ) ジュリアス・シーザー(ジョン・ギャビン) 04/07/07
イン・アメリカ/三つの小さな願いごと(02,アメリカ) ジョニー・サリヴァン(パディ・コンシダイン) 04/07/02
ラッツ(02,アメリカ) ジャック(ビンセント・スパーノ) 04/07/02
ファインディング・ニモ(03年,アメリカ) クラッシュ 04/06/18 *アニメ劇場公開2003年12月
アンダーワールド(03,アメリカ) クレイヴン(シェーン・ブローリー) 04/06/01
フル・フロンタル(02,アメリカ) カルヴィン/ニコラス役(ブレア・アンダーウッド) 04/05/21
コール(02,アメリカ) ウィル・ジェニングス役(スチュワート・タウンゼント) 04/05/21
ブルドッグ(03,アメリカ) ジャック・スライトン(ティモシー・オリファント) 04/05/14
東京ゴッドファーザーズ(03,日本) 新郎 04/04/28 *アニメ劇場公開2003年11月
ケイティ(02,アメリカ) ハンドラー(ベンジャミン・ブラット) 04/04/21
コモド・リターンズ(03,アメリカ) ドレイク(ポール・ローガン) 04/04/09
マトリックス・レボリューションズ(03,アメリカ) ネオ(キアヌ・リーブス) 04/04/02 *吹替版劇場公開2003年11月
スパイキッズ3-D:ゲームオーバー(03年,アメリカ) デヴリン(ジョージ・クルーニー) 04/03/12
HELL(03年,アメリカ) カイル(ジャン・クロード・ヴァン・ダム) 04/02/27
コンフェッション(02,アメリカ) Jim Byrd(ジョージ・クルーニー) 04/02/13
トゥームレイダー2(03年,アメリカ) ショーン(ティル・シュワイガー) 04/02/06
ウェルカム トゥ コリンウッド(02年,アメリカ) ジャージー(ジョージ・クルーニー) 04/02/06
天上の剣(01,香港) 丹辰子[ダン・サンチー](ルイス・クー) 04/02/06
復讐者(01,アメリカ) ジャック・ルーカス(ルー・ダイヤモンド・フィリップス) 04/02/06
ファム・ファタール(01,フランス) ニコラス・バルド(アントニオ・バンデラス) 04/01/16
君の帰る場所/アントワン・フィッシャー(02,アメリカ) ジェローム・ダヴェンポート(デンゼル・ワシントン) 04/01/09


2003年リリース分→ブログに感想上げました。   ★観た作品数/把握してる作品数→年計18/24  99年から累計77/91
ドッグ・ソルジャー(01,イギリス) クーパー(ケビン・マクキッド) 03/12/19
戦争と平和(1956,アメリカ・イタリア) ピエール・ベズーホフ(ヘンリー・フォンダ) 03/12/17
ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 スペシャル・エクステンデッド・エディション(02,アメリカ)ボロミア(ショーン・ビーン) (セル版)03/12/03 (レンタル版)03/12/25 *追加映像部分に出演
シカゴ(02,アメリカ) フレッド・ケイスリー(ドミニク・ウェスト) 03/10/31
リベリオン(02,アメリカ) ジョン・プレストン(クリスチャン・ベール) 03/10/24
キャット・ピープル(1981,アメリカ) ポール・ガリエ(マルコム・マクドウェル) 03/10/24
マトリックス・リローデッド(03,アメリカ) ネオ(キアヌ・リーブス) 03/10/17 *吹替版劇場公開2003年6月
デアデビル(03,アメリカ) マット・マードック=デアデビル(ベン・アフレック) 03/10/03 *吹替版劇場公開2003年4月
サラマンダー(02,アメリカ) クイン(クリスチャン・ベイル) 03/09/18
メラニーは行く!(02,アメリカ) ジェイク(ジョシュ・ルーカス) 03/09/18
ダイノトピア(02,アメリカ・イギリス・ドイツ) ウーヌ隊長(Colin Salmon) 第1巻、03/08/22 以後順次
サイドウォーク・オブ・ニューヨーク(01,アメリカ) トミー(エドワード・バーンズ) 03/08/22
フィアー・ドット・コム(02,アメリカ) マイク・ライリー(スティーブン・ドーフ) 03/07/25
猟奇的な彼女(01,韓国) 脱走兵 03/07/25
アトランティス 帝国最後の謎(03,アメリカ) ヴィニー(Don Novello) 03/07/18
レッド・スカイ(02,アメリカ) クロス(ショーン・クリスチャン) 03/06/27
パニック・タワー(02,オーストラリア) コンラッド(アレックス・ディミトリアス) 03/06/25
保険調査員フランク25(01,アメリカ) スカウト・バイユー(Enrico Colantoni) 03/06/18
ゲット・マネー(02,アメリカ) バッカム(アイス・キューブ) 03/05/21
ディナーラッシュ(01,アメリカ) ウード(エドアルド・バレリーニ) 03/04/25
パープルストーム(99,香港) マー・リー(エミール・チョウ) 03/03/21
グレート・エアレース(00,イギリス・オーストラリア) スコット(ティム・ヒューズ) 03/02/21
ピクチャー・クレア(01,アメリカ・カナダ) リー(Raoul Bhaneja) 03/02/21
ミーン・マシーン(01,米・英) ダニー(ヴィニー・ジョーンズ) 03/02/21


2002年リリース分→(ブログ)1月〜7月リリース分感想  (ブログ)8月〜12月リリース分感想
★観た作品数/把握してる作品数→年計26/
30  99年から累計59/67
トータル・フィアーズ(02,米) ジョン・クラーク(リーヴ・シュライバー) 02/12/21
コンクエスタドール(01,ポーランド) ゲラルト(ミハウ・ジェブロフキー) 02/12/20
拳神 KENSHIN(01年,香港) フォンロイ(ユン・ピョウ) 02/12/20
スコーピオン・キング(02,米) マサイアス(ザ・ロック) 02/12/20
STAR WARS エピソード2/クローンの攻撃(02,米) キャプテン・タイフォ(Jay Laga'aia) 02/12/06 *吹替版劇場公開2002年7月
SPY_N(00,米・香港) ダレン・トング(アーロン・クォック) 02/11/08
ニューヨークの恋人(02,米) スチュアート(リーヴ・シュレイバー) 02/11/08
マーズ・アタック!(1996,アメリカ) ビリー・グレン・ノリス(ジャック・ブラック)/ミッチ(ブライアン・ヘイリー) 02/10/31
ALI(01,米) モハメド・アリ/カシアス・クレイ(ウィル・スミス) 02/10/25
MIMIC2(01,米) クラスキー刑事(ブルーノ・カンポス) 02/10/18
ローラーボール(02,米) マーカス・リドリー(L.L.クールJ) 02/10/02
友へチング(01,韓国) ジュンソク(ユ・オソン) 02/09/19
ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間
(01,アメリカ) ボロミア(ショーン・ビーン) 02/09/21 *吹替版劇場公開2002年3月
陽だまりのグラウンド(01,米) コナー・オニール(キアヌ・リーブス) 02/08/24
ジェヴォーダンの獣(01,仏) マニ(マーク・ダカスコス) 02/08/23
スノードッグ(02,米) テッド・ブルックス(キューバ・グッディング Jr.) 02/08/21
エクストリーマーズ(01,米) ジョン(ダン・アンダーセン) 02/08/21
オーシャンズ11(01,米) ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー) 02/08/09
クルセイダーズ(01,伊) ピーター(アレッサンドロ・ガスマン) 02/07/26
密告の代償(00,カナダ) サル(スティーブン・ボールドウィン) 02/06/28
オー・ブラザー!(00,英・米・仏) エヴェレット(ジョージ・クルーニー) 02/05/24
メメント(00.米) レナード(ガイ・ピアース) 02/05/22
クライム・アンド・パニッシュメント(00,米) クリス(ジェフリー・ライト) 02/04/26
スパイ・キッズ(01,米) デヴリン(ジョージ・クルーニー) 02/04/26
チルファクター(99,米) アルロ(キューバ・グッディング,Jr.) 02/04/17
コレリ大尉のマンドリン(01,英・仏・米) マンドラス(クリスチャン・ベール) 02/04/17
恋する遺伝子(01,米) エディ・オールデン(ヒュー・ジャックマン) 02/04/05
特攻!BADBOYS(00,香港) ジャック(ルイス・クー) 02/04/05
FINAL FANTASY(01,米) グレイ・エドワーズ大尉(アレック・ボールドウィン) 02/02/22
OVER SUMMER〜爆裂刑事〜(99,香港) ブライアン(ルイス・クー) 02/01/11


2001年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計15/15  99年から累計33/37
ハムナプトラ2/黄金のピラミッド(01,米) ロックナー(Adewale Akinnuoye-Agbaje) 01/12/21
ウェディング・プランナー(01,米) スティーブ・エディソン(マシュー・マコノヒー) 01/12/19
パール・ハーバー(01,米) ドリー・ミラー(キューバ・グッディング,Jr.) 01/11/30
ラッキー・ナンバー(00,米) ギグ(ティム・ロス) 01/11/22
ザ・ダイバー(00,米) カール・ブラシア(キューバ・グッディング,Jr.) 01/11/02
バンパイアハンターD(01、日米共同製作) 治安官 01/10/17 *劇場公開時には吹替版なし
バガー・ヴァンスの伝説(00,米) バガー・ヴァンス(ウィル・スミス) 01/09/07
ザ・ウォッチャー(00,米) ジョエル・キャンベル(ジェイムズ・スペイダー) 01/08/24
フロム・ダスク・ティル・ドーン3(00,米) ジョニー(マルコ・レオナルディ) 01/07/27
サウスパーク 無修正映画版(00,米) ゴーシュ医師(ジョージ・クルーニー) 01/07/06
バトルフィールド・アース(00,米) カー(フォレスト・ウィテカー) 01/05/11
NY殺人捜査線2(99,米) クリスチャン・ボックス(ウィリアム・ボールドウィン) 01/04/27
美術館の隣の動物園(98,韓国) チョルス(イ・ソンジェ) 01/04/18
チューブ・テイルズ(99,英) 「GRASSHOPPER」 ミスターX(スティーヴン・ダ・コスタ)と「STEAL AWAY」 01/03/23
ラビナス(99年,米)  ジョン・ボイド大尉(ガイ・ピアース) 01/03/02


2000年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計14/17  99年から累計18/22
パーフェクト・ストーム(00,米) ビリー・タイン(ジョージ・クルーニー) 00/11/23
ハーモニーベイの夜明け(99,米) テオ・コールダー(キューバ・グッディング Jr.) 00/11/15
2番目に幸せなこと(00,米) ベン(ベンジャミン・ブラット) 00/11/15
風雲 ストームライダーズ(00,香港) 雲<ワン>(アーロン・クォック) 00/10/18
スリー・キングス(99,米) アーチー・ゲイツ(ジョージ・クルーニー) 00/10/13
コンフェッション(99,米) ローソン・ラッセル(キューバ・グッディングJr.) 00/9/22
マーシャル・ロー(98,米) アンソニー・ハバード(デンゼル・ワシントン) 00/09/08
FAIL SAFE- 未知への飛行-(00,米) ジャック・グレイディ(ジョージ・クルーニー) 00/10/13
キッドナッパー(98年,仏) アルマン(メルビル・プポー) 00/08/19
フライング・ダウン(96,米) ボブ(ゲイリー・グラハム) 00/08/04
ブルズ・アイ(98,米) マイルズ(マイケル・ビーチ) 00/06/21
狂っちゃいないぜ!(99,米) ラッセル・ベル(ビリー・ボブ・ソーントン) 00/06/02
ディープエンド・オブ・オーシャン(99,米) パット(トリート・ウィリアムズ) 00/04/21
マトリックス(99,米) ネオ(キアヌ・リーヴス) 00/03/17
アトミック・トレイン(99,米) ジョン・シーガー(ロブ・ロウ) 00/02/25
アウト・オブ・サイト(98,米) ジャック・フォーリー(ジョージ・クルーニー) 00/01/21
モッド・スクワッド(99,米) リンカーン(オマー・エプス) 00/01/14


1999年リリース分→ブログに感想上げました。  ★観た作品数/把握してる作品数→年計4/5  99年から累計4/5
バーチャドライブ(96,米) ファルコン(ケン・オーラン) 99/11/26
シティ・オブ・エンジェル(98,米) セス(ニコラス・ケイジ) 99/11/19
恋人たちの選択〜Little City(97,米) ケビン(ジョン・ボン・ジョヴィ) 99/10/08
微笑みをもう一度(98,米) ビル(マイケル・パレ) 99/09/03
ピースメーカー(97,米) トーマス・デヴォー(ジョージ・クルーニー) 99/04/21 *この作品の吹替版はテレビ放映版もあります。そちらも小山さんです



HOMEへ