『フル・サークル〜ベルリン1945〜』感想(2002/06/25UP)


小山力也さんがコロヴキン大尉役を演じられた、俳優座公演『フル・サークル〜ベルリン1945〜』の感想を書きました。『フル・サークル』は、1994年の俳優座ラボ公演が初演。その後96年に本公演(No.232)で再演。以後、各地方で公演が公演が続けられた作品です。俳優座公式WEBサイト2001年公演情報の項に、あらすじ、スタッフ・キャスト、舞台写真が載っています。小山さんのお写真もあります。コロヴキン大尉、一番下の左側の写真、ローデ(志村要さん)を尋問する座っている軍人。

私が拝見したのは、2000年9月の倉敷公演です。
以下の感想は、今後もこのお芝居が上演されるかもしれない可能性を考え、極端なネタばれは避けて記述しています。(2002/06/13)




劇団俳優座公演
『フル・サークル〜ベルリン1945〜』

●観劇日:2000年9月17日
●会場 :倉敷市芸文館ホール


エーリヒ・マリア・レマルク
潤色 ピーター・ストーン
訳・演出 勝田安彦
CAST
アンナ 中野今日子
エーリヒ・ローデ 志村要
シュミット(ゲシュタポ隊長) 堀越大史
グレタ 安藤麻吹
ヨーゼフ・カッツ 可知靖之
クルーナー(地区監視役) 矢野宣
コロヴキン大尉(ソ連軍大尉) 小山力也
マック(ゲシュタポ隊員)
ソ連軍軍曹
内田秀和
マウラー(ゲシュタポ隊員)
ソ連軍兵士
川井康弘
隣の室の女(声) 生原麻友美
ラジオ・アナウンサー(声) 遠藤剛
中吉卓郎


1945年4月30日(※注1)、ソ連軍の猛攻にさらされるベルリンのとあるアパートの3階、外からは爆撃の音。ヒロインアンナの部屋である。そこに逃げ込んできた男ローデ。彼は収容所から脱走して来た政治犯だと言う。ローデを追って、ゲシュタポ隊長シュミットが部下(※注2)を引きつれ、やってくる。アンナ、ローデ、シュミットの間で繰り広げられる緊迫したドラマ。4月30日から5月1日にかけての、アンナの部屋での2日間を描く。小山さんの役は、劇も終盤にさしかかっって最後の20分ぐらいで登場するソ連軍将校、コロヴキン大尉。
(注1:4月30日は、ヒトラーが自殺した日、ナチス第三帝国最後の日である。)
(注2:シュミットの部下と、のちに登場するコロヴキン大尉の部下を同じ役者さんが二役で演じる。)

自分も見て見ぬ振りをしてきたことに責任がある、一番大切なものは自由だというローデの叫び。対するシュミットの硬直した表情。「自由」を忌み嫌い、圧殺しようとする力は、いつの時代、どのような体制にも存在するだろう。ナチスが崩壊しても、侵攻してきたソ連軍将校コロヴキン大尉のセリフの端々から、これもまた自由を、個人を認めない体制なのだということがわかる。人間を抑圧し、自由を奪っていくものに対する告発。とても重い主題を扱っているから、幕が下りた時はすぐに立ち上がれないような気分になったけれど、この文章を書くためにいろいろ思い出してみたら、清々しい印象があるのが不思議だ。

人が人を抑圧する、これって一体なんでそういうことを人はやってしまうのか?相手も同じ人間なのに・・・。シュミットとコロヴキン大尉を思い出しながら、この問いが頭から離れない。「自由」を不安に思うのか?どんな小さな集団でも、それを自分が支配して全員を例外なしに言う事を聞かせることが、快感?一人でも異を唱えられたら、自分を否定されているような気がするのか?ナチスやソ連がそういう体制だったという所だけには帰せられない問題だと思う。

極限状況でのドラマだが、今とそうかけはなれた話では、たぶんない。日々、よく自分自身の行動をチェックしておかないと、いつの間にか抑圧する側に手を貸しているのと同じになる。ローデのセリフを聴きながら、「お前も見て見ぬふりをしてきたのでは?」と自問してしまい、はっとする。政治的な行動をしないといけないというんじゃない。もっと日常生活の中の、人への接し方、物の考え方、あれかこれか毎日の小さな決断、そういうことから気をつけていかないと・・・。

内容が重いわりには、ドラマチックな展開にはらはらどきどきしながら一気に観られた。アンナの秘密がわかったところではびっくり。わかる人は、最初から気がつくのかもしれないけれど、私はぎりぎりまでわからなくて、本当に驚いた。そ、そういうことだったの!

俳優座のお芝居で、こういうのが、私は好き。練り上げられたアンサンブル、歴史的、社会的な問題に男女の愛をからめて、現代の日本、自分のあり方についても考えさせられる、とても贅沢なお芝居だと思う。

ベテランのお二人、可知さん(ユダヤ人カッツ)は圧倒的な存在感、矢野さん(地区監視役クルーナー)のあ〜、こういう人いるよなあという感じ。堀越さん(ゲシュタポ隊長シュミット)のいやな奴ぶりが際立ち、志村さん(ローデ)は、二枚目になりすぎない無骨な雰囲気。弱さも甘さもあるローデを、決して英雄ではない、愛すべき人物として見せておられた。

アンナの中野今日子さんは、女らしいヒロイン。きりっとした所と甘い情感のバランスが素敵。隣室の女中、グレタを演じられた安藤麻吹さんには、驚いた。調子っぱずれなことばかり言う道化役。暗い重い雰囲気で話が進む中、グレタのセリフには笑いが起こる。他の役者さんがどんなにすばらしくても、グレタがだめだったら、このお芝居はやっぱりいかにも教科書的なお話と言われかねない、そんなむつかしい役だと思う。まぶきさんのグレタによって、俄然、作品世界が生き生きと動き出し、他の登場人物全員に等しく距離を置いて批判的に眺める視点を、観客に与えてくれる。若い女優さんの思い切りの良さというのは、観ていて気持ちがいいものだ。

ヒロイン、アンナの生き方については、今もあれこれ考えをめぐらせることがある。拝見した時、何よりまず、劇中の“ある男”の行動に、「んもう〜〜っ、男ってホントどうしようもない。どうしてこう時代や国を問わず“ええかっこしい”なのか。いかにも男の考え付きそうなこと!立場が逆でこれが女だったら、こんな残酷なことを相手にやらせるだろうか」と思った。ここは、ご覧になった方の、とくに女性の方のご意見をお聞きしたいところである。

中野今日子さんは、本当に素敵で、女の中の女という感じ、うっとりして観てしまった。にもかかわらず、私の中にかすかに、アンナという人に反発する気持ちが今もずっとある。この反発心はいったい何だろう?って時々考えてきた。たぶん一つは、こういうのが女らしい女、男の目から見たあらまほしい女の一つのタイプみたいに言われているような気がして、それに反抗しているのかもしれない。(これは、私の曲がった受け止め方ですので、演出家の意図は違うと思いますけど。)

そして、最近気がついた。もしかしたら、自分の中にアンナと同じような“古風な”ものがあるから、反発を感じてきたのでは?ということだ。もちろん、私は彼女のようにかっこいい女ではない。けれど、この人のやった決断ってどういうことかって考えたら、それは、相手の望むことを、求められるままに、いつもその通りに演じてしまうということではないかしら。彼女は後悔して苦しんでいるようなことを言うけれど、もちろん意識の上では苦しいのだけど、結局はお互いに納得ずくの行動で、自分からすすんでその道を選択しているのだ。相手が自分に望むことを、その通りやってあげたいのである。他に道があったとしても、アンナは同じことをしただろう。これっていったい??

さて、小山さんの役は、ソ連軍がベルリンを征圧した後、最後に登場するソ連軍将校、コロヴキン大尉。登場されて最初のセリフが、朗々と会場全体に響き渡り、そりゃあもううっとり(笑)。アンナの部屋に入ってきて、その場にいるローデとシュミットを尋問するのだけど、エリート将校らしいクールな物言いに、軍服姿がきりりとかっこいいこと!

コロヴキンは、ローデがナチの収容所から脱走した作家だということがわかると、新生ドイツ再建に協力しろ、そのために教育を受けてもらうと言う。自分たちの主義・思想に基づいた国家をつくるために、人の内面を支配しようとする、とんでもないことだと、今の私たちは思うけれど、この時のコロヴキン大尉にとってはごく当たり前の正しいことなのだ。その時には当たり前・・・。う〜む。

一見冷酷そうに見えるコロヴキンだが、尋問の様子を聞いていると、シュミットとは対照的に権威的でも強圧的でもない。理性と教養を備えた青年なのだとわかる。戦争で荒れ果てた祖国を再建したいという気持ちが強い。ローデの、自分が信じているものは「自由だ」という叫びに対して、「自由?」とまるで吐き捨てるように応じ、自由はまだ先のこと、今は「勤労、犠牲、献身」、自分たちのやっていることは、「楽ではない、もうけにもならない、楽しくもない、だが正しい」と確信を持って言い切る。このお芝居は役者さん皆さんくっきりとそれぞれの役を造形されていて、どなたも本当に強い印象が残っているけれど、その中でもとくに、この場の小山さんの「自由」と本当に吐き捨てるように言い返したところ、そして、「だが正しい!」と言い切ったところが、私の中ではいちばん鮮やかだ。 

落ち着いた理性的な青年で、教育の程度も高いようにみえる小山さんのコロヴキン大尉。ローデにも、礼儀正しく接しており、シュミットのように力を持ったら支配的に振舞わずにはいられないタイプの人とは違う。セリフの上ではそれほど語られないが、元々は、祖国、同胞、家族を愛し、戦争で荒れ果てた国をなんとかしなければ、平和な理想の社会実現のために献身したいという、ごく当たり前の思いから出発しているだろうことが、小山さんの言葉の端々、姿全体にじみ出ている。

ここで私は考え込んでしまう。青年らしい正義感や理想を持ち、受けた教育の水準も高く、理性も人としてのあたたかさもある。ローデに尋問する姿から、それなりに立派な人だと感じられるのだ。それほど狂信的にも、いかにも教条主義なという風にも見えない。でも、言ってることは、おかしい。おかしいことに気づかず、「正しい!」と言う。力で他人を自分たちの思い通りに支配して、何かの手段にしようとした点で、間違っているのに・・・。いったいなんでこうなるの??

正義感や理想を持つ事は、危険なことなのだろうか。シュミットとコロヴキンは、人間のタイプとしては、対照的なだけによけいに問題が深刻な気がする。全体主義的な国家体制は、権力者が一人で、突然作り上げるわけではないだろう。シュミットやコロヴキンのようにそれを支え、おしすすめる人が必ずいる。彼らが「おしすすめる側」に立つ動機は何かしら?権力欲?支配欲?いつも時流の中心にいることが、最も賢明な処世術?シュミットの場合はそうかもしれない。

でもコロヴキンの場合は、祖国を再建しようという「正しい」目的から出発していたはずだ。最初の目的はある程度正しかったとしても、結果的に間違った方向に行く。ふつう、そうなるのは、目的のために選んだ手段や途中の過程に、問題があるからだ。個人を抑圧する体制下で、幸せな社会の実現はありえないことに気づけず、コロヴキンが、間違った手段を支持してしまったのはなぜだろう?目的に目がくらんでいたから?やっぱりどこか、人を支配したいという気持ちがあったから?

ここに描かれたような極端な体制下でなくても、今の日本でも、他人を自分たちの手段として使ったり、個人の内面まで支配しようとする人や力は、社会の様々な場面で見られる。力関係というのは、相対的なものだ。自由という言葉を嫌い、個人の力を怖れ、その内面まで管理し支配したいのも、また人である。人格が立派でも、立派でなくても、そういう所に陥っていく危険がある。ローデとて、たぶん例外ではないのだ。間違ってしまわないためには、何に気をつければいいのか?

もし、小山さんのコロヴキンが、いかにも硬直した教条主義の方にあと少しでも傾いていたら、あるいは逆に、あと少しでも人柄の立派さが前に出るようであれば、このお芝居の主題の一つ(と思われる)、自由と個人を抑圧する体制がなぜ姿かたちは変わっても続いていくか、ある種の人間はどうして他人を支配したいのか、という問題が、うわべだけのものになっただろう。「自由?」と切り返した時の、元々は狂信や教条主義とは遠い所にいたはずの青年が、立派な人格は保ったままで、そこに足を踏み入れてしまっているとわかる声。コロヴキン大尉によってこのお芝居は完成する。演じるって、とても厳密なものなのだなあと思う。



HOMEへ 観劇記目次へ