「冬物語」・「マクベット」感想(2005/10/09UP→2008/08/31再UP)


2003年秋の「冬物語」「マクベット」2本立て公演(主催:日欧舞台芸術交流会&テアトル・デュ・シーニュ、小山さんは「冬物語」カミロー役、「マクベット」ではマクベット役、会場:俳優座劇場)について、観劇後掲示板に書き込んだ感想を、過去ログから、こちらに転記しています。なお、この2本立て公演のうち、「マクベット」(イヨネスコ作)は、2002年にヨーロッパ公演したものを同じキャストで再演したものです。2003年東京公演ではタイトルを「マクベス」と変更されていましたが、小山さんの役名は「マクベット」です。(2008/08/31)  

[1779] 『冬物語』『マクベス』の感動!! 投稿者:リリー 投稿日:2003/11/30(Sun) 12:22

皆さま、こんにちは。

金曜日、土曜日と上京して『冬物語』『マクベス』拝見してきました。

たくさんの期待を持って出かけまして、その期待以上に何倍も本当に素晴らしい舞台でした。
今も感動さめやらぬというよりも、帰ってきて一夜明けて今のほうが思い出して、さらに感動が高まっています。

小山さんのファンだからそのように思うのではなくて
本当に素晴らしいので、だからファンでなくてはいられないと、そういうことですね。

舞台上の小山さん
●『冬物語』カミロー
実直さ、あたたかさ、人と人をつなぐ大切な役目。
語られる日本語の何と美しかったことでしょう!

●『マクベス』マクベット
舞台全体の中心になるスケールの大きな存在感、揺れ動く心の内の表現の素晴らしさ。
圧倒されて、何だか胸が締めつけられるような気がしました!

2本続けて拝見し、ほかのどこにもいないスケールの大きな俳優さんだと改めて認識したことです。
短い期間で、ああいう本格的な公演の2本立てで、しかもどちらも大きな役。
演じられる役者さんにとっては、本当に大変なことだと思いますが
そういうことを少しも感じさせない小山さんの演技。大きくて、余裕がありますよね。

小山さんがあのように素晴らしいことを、当たり前のこととして観られる
私たち、ファンはほんとうに幸せだと思います。
これは、声のお仕事についても言えることですよね〜。

何か、こうして書いているうちに
今になって涙ぐんできてしまいました(^^)。

ほかにも、もっとこのお芝居全体のこととか
素晴らしかった音楽のこととか、書きたいこといっぱいありますが
まずは、今はこれにて失礼いたします。また参ります。

どうぞ、観劇された方のご感想、お待ち申し上げています。
初めての方も気軽に書き込みして下さいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1779へのレス] Re: 『冬物語』『マクベス』の感動!!
投稿者:リリー 投稿日:2003/12/10(Wed) 17:25


『マクベス』について。
皆さま、ごめんなさい、もう少しだけ。

小山さんのマクベットは
やはり、揺れ動く心の内の表現の素晴らしさ、そして、スケールの大きさとスピード感ですね。
これにもうただただ圧倒されました。

存在感もエネルギーも大きすぎて、私は十分には受けとめられていない
それが正直なところです。

2時間駆け抜けて、絶命しても、どこか爽やかな感じがありました。
マクベスというと、何だかどろどろした感じがあるけれど
この演出は、とてもすっきりと観せる印象があって、好きなタイプのお芝居です。
結末を暗いと思わなかったですね。
「批判する精神」がとてもすっきりしている感じで。

どの場面も、動いていく展開が本当にドラマチック!
劇的というのは、何もどろどろしたものとか、えぐり出すようなおどろおどろしい展開とかではなくて
こういうすっきりとシンプルな舞台の中で、すごく大きな感動があるんだわと、改めて思ったことです。

そうして、この舞台は、世界がとても大きい感じしますよね。
そこも、好きなところです。

現実の時間、現実の権力、現実の戦争のイメージと、頭の中でちょっと交錯するところがあって、
う〜ん、もっと何回も観て、いろいろ考えたり、感じたりしたかったなあって思います。
どちらにしても、こういう「大きな広がりを持った作品世界」に直に接することができて
ほんとに贅沢なことでした。

舞台の大きさにふさわしい、大きな存在感を出されていた小山さん。
しかも、ところどころに、これは『冬物語』のときも思いましたが
にじみ出るユーモアみたいな、うまく言えないんだけど、「軽み」が感じられて
そこのところも、素敵でした。

こんな本格的な作品の2本立て、
どんなに大変なことか想像もつかないほどですけれど
どちらの作品も(マクベット役は特に)、役を楽しみながら生き生きと演じておられるように見えて、Kさんが上でお書きの「ポテンシャル」という言葉もあわせて、すごかったわねえと改めて思うことです。

拝見できて本当に幸せでしたね!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1779へのレス] Re: あなたの奴隷に 投稿者:リリー 投稿日:2003/12/11(Thu) 21:15

Lさん、こんばんは〜。

ありがとうございます!小山さんのセリフ!
「あなたの奴隷にしてください」
あぁ〜〜!そうでしたかあ〜〜!!
どうしてセリフをきちんと刻めてないかなあ、私。
「奴隷」でしたのね、「奴隷」。しもべどころじゃなくて、「奴隷」なのね。
あの場面、お声の調子が何とも言えず、どう表現していいか、とにかくすごかったのですよね。

この舞台の世界の大きさ、現代との交錯、魔女の存在
さうすさん、りぶるさんのコメントを読ませていただき、またまたいろいろ考えています。
楽しいですね、こうして終わってからも話せるのって。
もうあんまり書かないでおこうと思ってるのですが(^^;)。

ではまた来ます。今はこれにて〜〜♪

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1780] 『冬物語』 投稿者:リリー 投稿日:2003/11/30(Sun) 17:45

〜●『冬物語』●〜

「和解」というものは
当事者だけではうまくいかないもので
16年という「時」と、本人たちを取り巻く人たちの
気持ちとアクションの力が結果的にうまく絡まって、「時」が満ちれば成就するものですね。

後半うちひしがれているレオンティーズ(中野誠也さん)の姿が忘れられません。
クライマックスの有名なセリフにしみじみとした感動!じ〜んとしました。

普段の生活、どうしても短いスパンで物を見てしまうのですが
「時」の力と人の力を信頼することはとても大切なことですね。

小山さんのカミロー
シチリアに帰りたいという思いを述べるところ
あそこが私はすごく好きです。
カミローの心からの真情の吐露で
立ち姿とお声が本当に美しい!うっとりと目を奪われてしまいました。

彼の思い続けているシチリアが目に見えるような気がする。
どれほどの思いであるか、伝わってくるのです。

吹き替えでもそうではありませんか。
小山さんのセリフで、はるか遠い目にみえないものに対する思いを述べるときってとても好き!
ほら、あのボロミアの故国ゴンドールと父への思いを述べるときと一緒なのです。
お声にイメージを喚起する力が強いんですね。
述べられるイメージと心情がこちらの心奥深くに届く。
素晴らしいことですね。

もう一つ好きなところは、最後にポーライナと結婚を〜というところ。
レオンティーズの言葉に、表情が動くところが、いいですねえ〜。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1780へのレス] Re: 『冬物語』 投稿者:リリー 投稿日:2003/12/10(Wed) 15:33

>Lさん

Lさんの細やかで素敵なご感想を読みながら、カミローのお姿がよみがえってきます。
カミローの美しい心を、とても美しく表現されておられたなあと思います。
ちょっと浮世離れしたような感じ、マクベットとは全く違う役柄で、ほんとうに素敵でした。
「心が美しい人!」という印象が、小山さんのこの役に対してあります。

こちらのご感想を読んでいると
私は、十分、その心理の綾を鑑賞できていなかったなあと思えてきて、お恥ずかしい。

童話的な雰囲気もありますよね。
あの可愛い衣装にしても、いろんな小道具にしても。
ふわっと浮かんでいる、一つの美しい世界という感じ。

最後のハッピーエンドで、ポーライナと結婚をというところも
「そんな伏線あったっけ?」ってちょっと思ったけど(^^;)、
あれはああいうみんな幸せになってめでたし、めでたしというのが、
「語られるお話」としてはぴったりくる結末なのでしょうね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1780へのレス] Re: 『冬物語』 投稿者:リリー 投稿日:2003/12/10(Wed) 16:47 <HOME>

上にも書いたのですが
この作品のふわっと宙に浮かんでいるような美しさ、
ちょっと不思議な雰囲気が素敵だったなあと思います。

音楽、衣装、小道具、そして舞台面の色合いが何とも言えず素敵な感じでした。
Kさんが書いて下さっている、水色の鳥ですね、あの鳥も面白かった!
「時」を演じられた執行さんのお声とお姿も心に残っています。

後半、打ちひしがれている中野さんのセリフ
あのあたりははっとして本当に心に染み入るものがありました。
小山さんのことばかり、どうしても書いてしまいますが
2作品の中野誠也さんのパワーには、もうただただ驚嘆しました。
また、ぜひ小山さんと共演の舞台を拝見したいです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1799へのレス] Re: 「マクベス」感想 投稿者:リリー 投稿日:2003/12/10(Wed) 14:30

時々皆さんのご感想を読み返して、本当に嬉しいです(^^)。
六本木で皆さんとお目にかかれたことも、それからこんな風に感想を語り合えることも!
六本木、雨でしたよねえ。私、雨女かもしれない。
3年前に小山さんのお芝居を初めてときも、雨だったんですよ。

冒頭のところ、あの開脚の角度に仰天いたしました〜。
俳優さんだったら当たり前なのかもしれないけど
柔らかくて、力強い、でとても優美な感じがありますね。

どきどきしながらも、観ておかないと勿体無い(!?)としっかり視線は釘付け〜になってました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜[1781] 『マクベス』の魔女 投稿者:リリー 投稿日:2003/11/30(Sun) 17:57

〜●『マクベス』の魔女●〜

『マクベス』、『冬物語』でもそう思いましたが
今回の2本、女の持っている力、がすごく大きいですねえ〜。

女がみんな魔女になれば、世界が変わるかも。。
「石像」になるのは、すごく忍耐力と強い意志の力が必要で
じっと立ってないといけないから、大変そう〜〜♪

私は、魔女のほうが楽しそうだな〜!
いろいろかき回して、いろんな所に飛んで行って(^^)。
皆さんはいかがですか。
女が魔女性を取り戻すって、そんなに難しいことではないかもわかりませんよ。
自分でそう思い決めればいいのですからね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1781へのレス] Re: 『マクベス』の魔女 投稿者:リリー 投稿日:2003/12/10(Wed) 14:14

この『マクベス』では、小川敦子さんと、古関すま子さんにすごく魅せられました。

2人の魔女の不思議なお声と身体の動きにほ〜っとため息。
ああいう日常とかけ離れたドラマティックな場面って、すごく好き!
観ていてワクワクするんですよね〜。
古関さんの1人で踊られるところ、あそこは本当に魅入られてしまいました。
ダンカン夫人の毅然としたパワーも、観ていて気持ちのいいものがありますね。
何だかもう、魔女なのかお妃なのか、自由にやりたい放題で、私はそれが気持ちよかったです。ふふふ。

あの「あなたのしもべに」というところも仰天してしまいました。
小山さんのセリフにも、小川さんのお美しさにも。
ほんとにお美しいですよねえ〜、ああいう女王様なお姿がぴったりキマって
黒のお衣装と白いお肌が輝いて見えましたもの!!
(ここ、「しもべ」で合ってます?別の言葉、「奴隷」でしたか?
あんまりびっくりして、記憶が飛んでしまっている。どなたか、教えて下さいませ〜。)

女はみんな魔女になれと、私はほんとそう思います。
魔女のような存在、負のエネルギーというのは面白いですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1857へのレス] Re: リリーさんのコメントmy best 3 投稿者:リリー
投稿日:2003/12/15(Mon) 01:23 <HOME>


私が魔女に惹かれるのは
「現世の価値観」とは全然別のところで生きていて、やりたい放題なところですね。

古関さんの踊りは、日本の古〜い土着的な感じのするもの(土着っていう言い方は違うかなあ
ぴったりする言葉がないですけど)と、現代のすっごく洗練されたものが一つになったような感じが、
1人で踊られたところなんか特に衝撃的でした。



HOMEへ 観劇記目次へ