私の原点(2008/10/04UP)


2008年9月21日にブログにUPした文章を、書き直してこちらに転記しておきます。


(原点その1 『ER』)

「ERパーフェクトガイド」1と2

小山力也さんのファンになったきっかけ、お仕事を拝見した一番最初は、1998年『ER』NHK地上波放送、第2シーズンです。あっという間にダグのファン、小山さんのファンになり、そして現在に至る。

写真は、もうぼろぼろになっていますが、「ER緊急救命室 PERFECT GUIDE」の1(1998年発行)と2(1999年発行)。どちらも雑誌「ビデオ&DVDでーた」の付録についていたもので、各シーズン各エピのあらすじ、キャラクター紹介、レギュラーメンバー吹き替え声優さんの紹介、そのほか、薄い冊子ながら充実した内容で、いつも手元に置いて読み込んでいたため、特に1のほうはぼろぼろになってセロテープで補修しています。

私のファンとしての原点は、やはり『ER』。99年ごろから2000年代初めにかけて、ER関係のサイト様でいろいろ教えていただいたり、掲示板に書き込みしたりしたことがとても懐かしいです。



(原点その2 『我らが祖国のために』)

『我らが祖国のために』パンフレット&チケット

で、ER熱、ダグ=小山さん好き熱が高じて、小山さんの舞台観劇へ。
2000年7月俳優座公演『我らが祖国のために』(作:ティンバーレイク・ワーテンベイカー、訳・演出:勝田安彦)。これが『ER』の次の大きな節目となりました。

ブログのほうの関連記事こちら
当サイト内にUPしている観劇感想文はこちら

私の人生を変えた観劇です。帰ってきてから、戯曲の原書(下の写真右)まで買ってしまいました。当時は邦訳が出てなかったのです。今は勝田氏訳の邦訳本(下の写真左)が出版されています。
『我らが祖国のために』戯曲原書と訳本



(原点その3 立ち上げ準備作業)

御出演作品メモ

サイトを開設しようと、2001年に作っていたご出演作一覧表の画像です。これはテレビ放映洋画出演作品の一覧で、『ザ・ロック』から始まっています。「力也の気持ち」(2007年10月25日付け記事)でお書きになっていますが、小山さんがゴールデンタイム洋画劇場で主役吹き替えをなさったのは、この『ザ・ロック』(ニコラス・ケイジ)が一番最初なんですよね。

こういう表も普通、エクセルかなんかで作れよって話ですけど、私は紙の一覧表をお仕事のジャンル別に作成し、そのデータを、HPビルダーを使って1つ1つHTMLファイルにしていきました。自分の書いたきたない文字も懐かしいです。



(原点その4 『森は生きている』)

ただ、私には、ERの小山さんに惹かれるより前の、演劇鑑賞の原点というのがあると思っていて、それは、1967年に観た俳優座・子どもの劇場『森は生きている』なわけです。当サイト内にUPしている観劇感想文こちら

小山さんのブログのコメント欄を拝見していますと、我が子より若い方々も書き込んでおられて、何だか自分が『羅生門』の老婆になったような気がするのですが、一方で、40年前も30年前20年前も10年前も、過去はいつも現在の自分の中にあり、また未来の自分の中にも過去はあるのだろうと思ったりしています。



以上、2008年9月21日にブログに上げた文章を書き直してアップしました。(2008年10月4日(土)サイト開設7周年の日に)



HOMEへ