2004年10月渡欧前にお贈りした花束(2004/10/23UP)

Theatre du Sygneヨーロッパ公演『Othello』ご出演のため、10月に渡欧なさるのに際し、小山力也さんに花束とメッセージをお贈りする企画をいたしまして、10月13日に無事、お届けすることができました。小山さんに喜んで受け取っていただけたようで、とても嬉しいです。参加者のお一人Mさんにお店で撮影していただいたお花の写真をUPしました。今回のお花について大変お世話になりましたMiさん、この素敵な花束をつくって下さった「フローラ六本木」様、そして企画にご参加下さった皆様に心から感謝いたします。
なお、11月東京公演にも同様の企画をする予定ですので、多くの皆様のご参加お待ちしております。(2004.10.23記)










2004年10月22日
Theatre du Sygne『Othello』ヨーロッパ公演は、最初の公演地フランス、ル・アーブルにて初日の幕が開きました。
ヨーロッパの舞台にオセローとして立たれる小山さんのお姿、どんなに素晴らしいことでしょうね!!
約1カ月にわたるツアー、お身体に気をつけてがんばっていただきたいです。
小山さんはじめカンパニーの皆さんのご成功を心からお祈りいたします。

(お花についてのメモ)
【フローラ六本木さんにお願いしたお花イメージ】
ブルー&パープル基調で、ヨーロッパ的な雰囲気でとお願いしました。
理由は・・・
(1)今回の公演地のうちル・アーブルとジェノバはいずれも港町で、「海」につながる。
(2)イタリアとフランスということで、「ワイン」〜「葡萄」にもつながる。

【フローラ六本木さんからいただいたお花の種類メモ】
・バラ(ブルーキュリオーサ)、・トルコキキョウ(パープル)、・ワックスフラワー(白)
・スプレーベラドンナ(青)、・くじゃく草(青)、・紅葉雪柳(枝もの)、・雲龍柳
・ユーカリ、・ブルーファンタジア、・スカビオーサ(青)、・百合(シベリア)

フローラ六本木さんには、いつもわがままな注文を聞いていただき、こんなに素敵な花束をつくっていただいて感謝しています。咲きみだれる美しい花々は、まるで、平和と、幸福と、芸術の美の象徴のようではないでしょうか。同時に小山さんのお仕事から感じる豊かで深く広い世界にもつながるような気がいたします。今回の公演にぴったりではないかと思っています。
皆さま、本当にありがとうございました。(2004.10.23リリー記)


HOMEへ