2004年11月『オセロー』東京公演お花(2004/12/11UP)

2004年10月〜11月テアトル・デュ・シーニュ/日欧舞台芸術交流会による『オセロー』、ヨーロッパ〜東京ツアーのラストを飾る東京・三百人劇場での公演(2004年11月20・21・22日)に、このHPで呼びかけて、小山さんにお祝いのお花をお贈りする企画をしました。多くの皆様にご参加いただき、このように素敵なアレンジメントをお贈りすることができました。小山さんにも喜んでいただけたことと思います。取りまとめさせてもらった者として、掲示板にある方が書いて下さった今回のお花についてのコメント、「ファンの愛情が花となって現れたような、目を見張るほどの華やかさ」がとても嬉しい私です。参加者の皆様に心から、本当にありがとうございました!そして、今回も素晴らしいお花をつくってくださった「フローラ六本木」様に厚く御礼を申し上げます。
UPしました写真4枚のうち、上の2枚はKさんにお願いして撮っていただいたもので、掲載許可も快くいただきました。こんなに美しくお花の姿が残ることに本当に感謝・感激です。ありがとうございました!(2004.12.11記)



(Photo by Kさん)



(Photo by Kさん)

(Photo by リリー)

(Photo by リリー)

最後の1枚はやや右手から撮った写真です。
ロビーの壁に沿って、出演者様へのお花がずらりと並んでいる真ん中に飾って下さっていました。
ひときわ目立って、ぱっと目に飛び込んできました。

フローラ六本木さんに前もってお願いしたお花コンセプトは
●大きな作品で、主役を演じられる小山さんにふさわしい華やかさ。
●そんな小山さんを応援できる私たちの、この上なく幸せな気持ち。
●愛と平和への祈り。 です。

実際にこの目で拝見したお花は
お願いしたイメージを素晴らしく表現して下さっていて
パープル、ボルドー、真紅の色合いに深い緑がよく映え
初日、舞台が終わってロビーに出て改めて見たら、オセローとデズデモーナの愛を象徴しているお花とも感じられました。
ご参加下さった皆様とフローラ六本木様に心から感謝します。ありがとうございました!

HOMEへ