2000年俳優座公演『我らが祖国のために』感想(2006/8/28UP)


2000年7月26日(水)に拝見した、俳優座本公演『我らが祖国のために』の感想です。私の人生を変えた観劇です(^^)。(2006.8.28.記)

作:Timberlake Wertenbaker、訳・演出:勝田安彦、俳優座公演No.252、2000年7月19日〜30日、俳優座劇場

18世紀末、イギリスの植民地、流刑地だったオーストラリアに送られた囚人たちが、絶望と自暴自棄の中から立ち上がり、協同して芝居の上演を実現させる。劇の上演に至るまでの紆余曲折と様々な人間模様を描く。ほとんどの役者さんは、囚人とイギリス軍人の二役を演じられる。小山さんも、囚人のワイズハマー(純朴な青年という感じ)と軍人のワトキン・テンチ大尉(こちらは冷酷な軍人)の二役。

最終場面、囚人たちが芝居の上演にこぎつけ、待ち受ける観客の拍手と歓声が聞こえる舞台に出て行く所で幕切れとなり、舞台に出て行く=役者さん達が袖に引っ込んですぐ戻ってくるカーテンコールが、囚人たちが演じる芝居のカーテンコールでもあるかのように見せる演出。
最後の囚人たちの、生きることを取り戻し、誇りと喜びに満ちた、生き生きとした表情に涙があふれた。

この作品のテーマは、拝見した当時の私にとっては、「再生」だ。生の小山力也さんを初めて観られたからというだけではなく、その内容が示唆に富んでいて、感動が深かった。死のイメージが濃厚な舞台であり、登場人物は皆、絶望の中にいるにもかかわらず、笑わせられた所もたくさん。胸に迫る所、涙があふれ出た所もたくさん。

自由を奪われ、人間の尊厳を奪われ、屈辱と死の恐怖の中で生きる囚人達の姿は、自分自身のことでもあるかのようだった。この舞台がリアリティーを欠いている、主題が迫ってこないような書き方をされている劇評もあるのだけれど、私はそうは思わない。自由を奪われた囚人達を通して、いや囚人側だけでなく、支配層側の描き方も通して、実は自分が長い間精神的に自分で自分を縛ってきたこと、真に自由に生きることは難しいが何よりも大切なこと、が痛切に自覚されたのだった。心を自由に生きよ。鞭打たれる囚人達を、ああ、あれは私自身の姿、と観ていたのだ。

ちょうど40歳だった。人生の最も出会うべき時に、最も出会うべき作品を観劇でき、もう一度生き直す勇気、歩き出す力を与えてもらった。こんなに幸せなことはない。このお芝居の上演にかかわられた全ての方々に心から感謝している。

俳優座さんらしいアンサンブルがとても気持ちのよい舞台だったが、女優さんの素晴らしさは特に書いておきたい。鶉野樹理さん、安藤麻吹さん、田野聖子さん、安藤みどりさん。
リズ(鶉野さん)のモノローグに涙した。静まり返った暗い客席に響く、鶉野さんのお声。ずたずたにされたままの孤独な魂。親がそれだけはやってはいけないことがある。カーテンコールで、鶉野さんへの拍手がひときわ大きかったのは当然だ。
ダックリング(安藤麻吹さん)の愛する人を喪った慟哭、あれこそが女の本当の純情。
メアリー(田野さん)の最初に登場されたときのはかなげな様子、それが次第にしなやかで力強い女性に変わっていく姿。女とは、このようにいつの間にか変貌をとげていく存在だ。
ダビー(安藤みどりさん)の若い溌剌とした魅力。「芝居が見えたんだ!」。そう、未だ実現されざることが実現したこととして眼前にありありと浮かぶことがある。こういうことあるある〜〜!と客席で納得したセリフ。私はこの劇は、4人の女優さんの演じられた女の群像劇という見方もしている。

小山さんは、発せられたセリフがイメージを喚起する力が物凄く強い役者さんである。
いよいよ芝居を上演するという直前、ワイズハマーが自分の書いたプロローグの口上を読む場面がある。

「遥かなる国より大海原を越えて我らは来たり。歓呼の声も太鼓の響きもなけれども、我ら一同真の愛国者、それを理解したればこそ、我らは祖国のために祖国を去れり。(・・・以下略


「大海原を越えて来たり」で、大きな海のイメージとともに、彼らが遥かな故国から切り離されて、この地の果てに送られ来たったことがまず力強く述べられる。続けて、「歓呼の声と太鼓の響き」が「なけれども」と否定されているにもかかわらず、小山さんのお声に言葉が乗ると、歓呼の声と太鼓の響きの「音」と「映像」が広がり、そしてそれがすぐ「なけれども」と打ち消されてしまうことで、彼ら、即ち、存在を忘れ去られ、人間の尊厳を奪われ、最も虐げられた者達こそが、本来は歓呼によって迎えられるはずの、最も誇り高く、最も祝福さるべき者であるということを、続けて言われる直接そのことを示した幾つかの言葉よりも先取りして示したのだった。

2006年現在の時点でとらえ直すと、演劇には人を変える力があるという面よりも、むしろ、こちらの面(この世で最も虐げられし者こそが最も祝福さるべき者である)の方が、私には、「今」の主題として迫ってくる。

幕開き、真っ暗な船底でワイズハマーが自らの絶望感を述べた印象的なセリフと、この誇り高いプロローグの宣言は首尾呼応しており、それはそれは見事なものだった。お声が朗々と劇場に響いて、聞き入らずにはおられない。ここでの小山さんのセリフで一気に盛り上がって、カーテンコールに流れ込むのである。

04年『オセロー』(オセロー)の終幕のモノローグで、「オセローはどこへ行けばいい?」と言ったとき、それが今の我々の、この世界と人間にとっての主題―「我々人間はこれからどこにどう向かっていけばいいのか」―でもあると、劇場全体を包んで示した鮮やかさ。悲しみと絶望とデズデモーナへの愛に満ちたお声を響かせながら、最後まで小山さん独特の甘やかさを漂わせつつ、ついに自害して果てた、あのオセローの最期は、モノローグから絶命に至るまで、もはやこの世のものとも思われぬ、何とも言えず美しいお姿だった。時の止まる瞬間。「美の永遠」とはあのようなものを言うのだ。

01年『ヴェニスの商人』(アントーニオ)の、幕切れの甘美な苦しみ。
03年『冬物語』(カミロー)の軽やかで、透明な美しさ。
03年『マクベット』(マクベット)の、スピード感に溢れ自由自在な力強さ。

昨夏の俳優座さんの朗読会「戦争とは・・・2005」、『悪魔の飽食』のときの、お聴きした最初は加害者側の軍人役の声に圧倒されたが、それだけではなかった。加害、被害を描くだけではなく、最後のほうの章で「悪魔のバーゲン」と小山さんが言ったとき、現在まで続く、日本のあり方の問題を批判的に浮かび上がらせて、その上で、では2005年の今、市民としてどう考え、行動するべきかと(そういう言葉を一切使わずに)力強く、問われたところがあの作品朗読の本当の芯だったと思う。

忘れてはいけない、00年『フル・サークル』(コロヴキン)のとき、いやあれはもう本当に素晴らしい。何というか、とっても理知的なんですよね〜、演じ方が。ああいうの好きですね。言葉でちょっと表現できないですね。あの主題を示したセリフ。知的におもしろかったですよね。厳密な演じ方をさらっとされて勢いがあって。

「小山さんの、心の奥深くに届く声」と、私のお友達でやはりファンの方がおっしゃったことがある。そう、本当に、お姿もお声も、観ているこちらの心の奥深くに届いて、自分の中で何かが新しく生まれ変わる。
この度「罪と罰」に向けてのメッセージで書かれていた「芝居とは、人生を励ますこと」。
何年前に観た小山さんのどのお芝居も、こうしていつも生き生きとして私の心の中にあり、まさに、今も励まされ続けているのだった。

(引用したセリフは記憶に基づいているので正確ではありません。なお、上に挙げた戯曲で、松岡訳の『ヴェニスの商人』と『オセロー』はちくま文庫のシェイクスピア全集に入っています。勝田安彦氏訳の『我らが祖国のために』は、カモミール社から、2006年8月に刊行されています。)




HOMEへ 観劇記目次へ