ご出演作品関連本棚(2002/01/11新設、最終更新2004/02/29)


●このページの更新は、現在、休止中。(08/08/31)

●このコーナーでは、小山力也さん御出演作品の原作本や関連本をご紹介しています。小山さんのお仕事からこうやって世界が広がっていくのも、楽しいですね。(2002/1/11)



(16)タイムライン(2004/02/29)
『タイムライン』〔上〕・〔下〕
(作:マイクル・クライトン、訳:酒井昭伸、ハヤカワ文庫NV1054〔上〕・1055〔下〕、2003年、上下とも840円)

2004年1月17日公開の映画『タイムライン』劇場用日本語吹替版で、小山さんは、考古学者アンドレ・マレクを演じられました。その原作本です。過去の時代にロマンを感じ、発掘した遺跡、遺物から人の息遣いが聞こえてくるというマレク。小山さんらしい、いい役でしたね。まさにこの映画は「マレクこそ主役」なのです!(りぶるさんのコメントより)。原作でも活躍しています。セリフを小山さんのお声に変換しながら読みましょう(^^)。




(15)冬物語(2003/08/18)
『冬物語』(The Winter's Tale)
(作:シェイクスピア、訳:小田島雄志、白水社〔白水Uブックス〕シェイクスピア全集、1983年第1版、780円)


2003年秋の日欧舞台芸術交流会公演「冬物語」(9〜10月にヨーロッパ、11月に東京公演)に出演される小山さん。お稽古は8月16日より開始だそうです。すぐに11月になると思うと、どきどきしてしまいますね。今(=2003年8月現在)入手しやすい『冬物語』翻訳本は、白水Uブックスから小田島訳のシェイクスピア全集が出ていて、その中に入っています。なお、今回の日欧舞台芸術交流会公演「冬物語」は、松岡和子さんの新訳による上演です。公演情報ページはこちら




(14)コレリ大尉のマンドリン(2003/3/19)
『コレリ大尉のマンドリン』
(作:ルイ・ド・ベルニエール、訳:太田良子、東京創元社、2001年、3300円)


小山さんは、映画『コレリ大尉のマンドリン』(2001年、英・仏・米)で、ペラギアの婚約者マンドラスの吹き替えをなさいました。この本は、映画のノベライズ本ではなく原作です。長い小説なので、どの登場人物も映画より書き込まれています。マンドラスが粗野で無教養で女の気持ちを思いやることなどできない男なのは同じ(というか後半は映画よりもっといやな奴かも)ですが、書き込まれている分、彼の気持ちもそれなりにわかり、最後は自業自得ですけれど何だかかわいそうになってしまいました。小山さんのなさった役だけについつい肩を持ってしまいますね〜。




(13)ホーンブロワー 海の勇者(2002/09/14)
『海軍士官候補生』 海の男/ホーンブロワー・シリーズ<1>
(作:セシル・スコット・フォレスター、訳:高橋泰邦、ハヤカワ文庫NV36、1973年、680円)


小山さんは、NHK・BS2で2002年10月放送予定の海外長編ドラマ『ホーンブロワー 海の勇者』全4話中の、第3話「公爵夫人と悪魔」(放送予定日:10月9日(水))に、ハンター士官候補生役吹き替えで出演されます。

原作は、英国海軍、士官候補生ホレイショ・ホーンブロワーを主人公とする海洋冒険もの、<海の男/ホーンブロワー>シリーズ。邦訳が、ハヤカワNV文庫に現在11冊あり。

ドラマの第3話「公爵夫人と悪魔」の原作は、邦訳第1冊目の『海軍士官候補生』(原題="MR.MIDSHIPMAN HORNBLOWER")

この本、目次を見ると10章に分かれており、最終章<10>が、ドラマ邦題と同じ「公爵夫人と悪魔」。ぱらぱらっと拾い読みしただけですが、公爵夫人は驕慢だが、魅力的な女性。小山さんが吹き替えられるハンター士官候補生の役割が、まだよくわかりません。また目次で第1章が「勝ち目五分」。これが、ドラマの第1話「決闘」にあたるのではないか、とこれは私の推測です。

邦訳書、第1冊目巻頭には帆船図と各部名称、巻末に「船と海の用語解説」、本文中に細やかな割注。読者に親切かつ活き活きとした訳文です。




(12)ヴェニスの商人(9/5)
『ヴェニスの商人』<シェイクスピア全集10>
(作:シェイクスピア、訳:松岡和子、ちくま文庫、2002年、800円)


こちらの松岡和子さんの新訳を使って初めて上演されたのが、昨秋の日欧舞台交流会主催公演『ヴェニスの商人』(ヨーロッパ各地〜イギリス・オランダ・ルーマニア〜と東京公演)。小山さんは、アントーニオ役で出演されました。<訳者あとがき>と巻末<戦後日本の主な『ヴェニスの商人』上演年表>に、この公演のスタッフ・キャストのお名前、上演会場が記載されています。

本を開くと、松岡さんの美しい日本語がページから立ち上がって、観劇した時の興奮も蘇ってきますね。




(11)紅はこべ(5/8)
『紅はこべ』
(作:バロネス・オルツィ、訳:西村孝次、創元推理文庫、1970年)


7月からNHK・BS2で放送予定の海外ドラマ「紅はこべ」(“The Scarlet Pimpernel”)の原作。全6話で、7月は第3話まで放送予定。小山さんは、第2話「侯爵の娘」にアンリ役(James Callis)の吹き替えで出演されます。フランス革命時代を舞台にした歴史推理小説。

創元推理文庫『紅はこべ』・表紙カバー紹介文には、次のような一節があります。「全ヨーロッパを動乱に巻き込んだフランス革命のただなか、共和政府に捕えられた貴族を救うため突如出現した秘密結社<紅はこべ>とはなんだろう?・・・(中略)・・・恋と友情と義侠の綾なす、絢爛たる歴史大ロマン」
先日読み終わりましたが、とても面白い本です。




(10)ラプソディ・イン・ベニス(5/8)
『ふたり、ヴェニスで』
(作:B.T.ブラッドフォード、訳:本間有、扶桑社ロマンス、1999年、610円)

『A Secret Affair』
(作:Barbala Taylor Bradford, 出版社:HarperColiins Publishers, 1997年)


WOWOWで何度も放送されている「ラプソディ・イン・ベニス」(99,米,TVドラマ)の原作。小山さんは、ヒロインと恋に落ちるビル・フィッツジェラルド役。ヒロイン・バネッサの吹き替えが山像かおりさん。お二人の恋人同士の会話が甘く切実で、とても素敵なラブロマンス。ベニスの風景も美しい。原作は、B.T.ブラッドフォードのロマンス小説。原書は他社版もあります。




(9)我らが祖国のために(5/8)
『OUR COUNTRY'S GOOD BASED ON THE NOVEL 'THE PLAYMAKER' BY THOMAS KENNEALLY』
(作:Timberlake Wertenbaker, 出版社:METHUEN PUBLISHING Ltd, 1995年, UK£7.99 ISBN:0413692302)


『Timberlake Wertenbaker:Plays One』
(作:Timberlake Wertenbaker, 出版社:Faber and Faber, 1996年, US$16.95, ISBN:0571177433)


私の人生を変えたお芝居、2000年7月・俳優座本公演「我らが祖国のために」(原題:Our Country's Good)の原書。2000年の俳優座公演が、この戯曲の日本初演で、日本語訳は出版されていません。上の本の長い題名が正式名のようです。

下は、Timberlake Wertenbaker の戯曲集。
収載作品は順に、「New Anatomies」「The Grace of Mary Traverse」「Our Country's Good」「The Love of the Nightingale」「Three Birds Alighting on a Field」の5作。著者による序文付き。また「Our Country's Good」が、ロンドンのRoyal Court Theatreで1988年に初演された時のCASTが掲載されています。この劇は、ほとんどの役者さんが二役を演じるのですが、二役の組み合わせ方が俳優座の時のとは違っているのが興味深いです。




(8)高慢と偏見(2/20)
『高慢と偏見』上・下<改版>
(作:ジェーン・オースティン、訳:富田彬、岩波文庫、1994年、上巻660円・下巻560円)
*岩波文庫本の初版年は、1983年。94年に<改版>が出た。現在本屋の店頭にあるのは、<改版>の方です。

『高慢と偏見』
(作:ジェーン・オースティン、訳:阿部知二、河出文庫、1996年、922円)


『自負と偏見』
(作:ジェーン・オースティン、訳:中野好夫、新潮文庫、1997年、781円)
*新潮版は、訳文が読みやすい。けれど、逐語訳ではなく抄訳だったと思います。気になる方は、訳者あとがきを確かめて下さいね。

海外ドラマ「高慢と偏見」(1995年、イギリスBBC制作)。 本国では放送時に人通りが少なくなった!と言われるほどの作品。日本ではNHKBSで、1996年に放送されました。再放送が2001年1月。小山さんは、コリン・ファース演じるMr.ダーシーの吹き替えをされています。ヒロイン・エリザベス役(ジェニファー・エイル)吹き替えが、山像かおりさん。反発し、すれ違いながら、最後には結ばれるダーシーとエリザベス。この日本語吹き替え版は、キャストが皆さん素晴らしく、一つの世界が作り出されています。ビデオ&DVDも発売されていますが、日本語吹替えが収録されていないのがとても残念。録画したテープがすり切れてしまう(^^;)。

原作は、ジェーン・オースティンの小説。手に入れやすい文庫本を3種ご紹介しました。私は、岩波版で読んで、富田訳の古風な日本語がけっこうお気に入りです。3種とも訳文の趣が違うので、お好みのものをどうぞ。




(7)ロード・オブ・ザ・リング(2/19)
【文庫本】
『新版 指輪物語』1〜9
(作:J.R.R. トールキン、訳:瀬田貞二/田中明子、評論社文庫、1992年、各700円)
*三部作・文庫全9冊。
<第1部>(1)旅の仲間 上1(2)旅の仲間 上2(3)旅の仲間 下1(4)旅の仲間 下2
<第2部>(5)二つの塔 上1(6)二つの塔 上2(7)二つの塔 下
<第3部>(8)王の帰還 上〈9〉王の帰還 下

【単行本】
『新版 指輪物語』1〜6&<追補編>
(作:J.R.R. トールキン、訳:瀬田貞二/田中明子、評論社、1992年、各2200円)
*単行本は、全7冊。<追補編>は、年表や用語集、解説などを収める。文庫には入っていない。
(1)旅の仲間 上(2)旅の仲間 下(3)二つの塔 上(4)二つの塔 下(5)王の帰還 上(6)王の帰還 下
(7)<追補編>

小山さんは、映画「ロード・オブ・ザ・リング」劇場用吹替版に、ボロミア役(ショーン・ビーン)で出演されます。原作『指輪物語』は、上記のように評論社から、ハードカバーと文庫本、両方出ています。<新版>と呼ぶのは、<旧版>の訳を推敲し、<追補編>(単行本のみ)も収録したため。なお、上には挙げていませんが、評論社の単行本は三分冊の豪華本もあります。




(6)イニュニック〔生命〕−アラスカの原野を旅する−(2/19)
『イニュニック〔生命〕−アラスカの原野を旅する−』
(著者:星野道夫、新潮文庫、1998年、438円)
*ハードカバーの初版が93年で、文庫化が98年。

小山さんは、以前、「サッポロ声の文庫本」というラジオの朗読番組に出演なさっていますが、その時に朗読された本がこれです。
星野さんの文章と写真、アラスカの自然・・・、心がしんと静かになってゆく本です。冬の夜に読むのがいちばん良い気がする。ミルクティーなど入れて、暖かくしてどうぞ。

なお、小山さんご出演回の放送日時は2000年1月31日〜同年2月4日(残念なことに、この番組現在は終了しています。)。



(5)モール・フランダース(1/11)
『モル・フランダーズ』上・下
(作:ダニエル・デフォー、訳:伊沢龍雄、岩波文庫、1968年)


2000年4月にNHKBS2で放送された海外ドラマ「モール・フランダース〜運命の女〜」(96年、イギリス)の原作。残念ながらこの本は絶版です。ドラマは、17世紀のイギリスが舞台。獄中で生まれたモール・フランダースの運命の変転を描く。ヒロイン、モールを演じたのが、ERではエリザベス・コーデイ役のアレックス・キングストン。モールは召使いとして市長の家に引き取られ、家族同様に育てられるのですが、小山さんが吹き替えをなさった役は、この家の長男ローランド。モールをたぶらかす、女たらしの役。「かわいいモール、愛してるよ」なんていうセリフがあの甘いお声で聞けます(^^;)。

絶版本なので、ネットの古本屋で手に入れたのですが、読むと原作をかなり忠実にドラマ化したものだということがわかります。小説の原題は「THE FORTUNES AND MISFORTUNES OF THE FAMOUS MOLL FLANDERS」。題名通り、禍福はあざなえる縄のごとし、みたいなお話。ダニエル・デフォーは、あの『ロビンソン・クルーソー』の作者。




(4)ER(1/11)
『五人のカルテ』
(著者:マイクル・クライトン、訳:林克己、早川書房・ハヤカワ文庫NF、1996年、524円)

マイケル・クライトンの医学生時代の体験をもとにしたノンフィクション。この本、正直に言うと、やや冗長であまり面白くなかった。でもやっぱりこの人がいなかったらERはなかっただろうと思うので、敬意を表してここにあげておきます。
ER関連本はたくさんありますが、他のサイトですでに紹介されていますので、今は、取りあえずこれだけにしました。




(3)シェイクスピア関連の2冊(1/11)
『一冊でわかるシェイクスピア作品ガイド37』
(監修:出口典雄、編集・執筆:佐藤優、成美堂出版、2000年9月、1300円)


シェイクスピア劇全37本を、豊富な舞台写真入りで解説した本。とても楽しくわかりやすい虎の巻です。チラシも多数掲載。チラシをカラーでこんなにたくさん載せているのは貴重だと思う。お芝居のチラシのデザインってとても素敵なものが多いから、散逸してしまうのはもったいないことです。


『シェイクスピアとグローブ座』
(文と絵:アリキ、訳:小田島雄志、すえもりブックス、2000年7月、2200円)

これは絵本です。美しくて楽しい、凝った作りの絵本。シェイクスピアの一生とグローブ座についての物語。絵がとてもきれい。シェイクスピアのセリフがあちこちに散りばめられていて、どこから読んでも楽しめます。小田島訳がまた素晴らしい。

小山さんは、これまでに、シェイクスピア作品の舞台、何本も出演されています。私は、新潮文庫やちくま文庫の訳本を少しずつ読み続けているのですが、何しろたくさんありますので、ここではガイドブックと絵本をご紹介しました。




(2)アラビアンナイト(1/11)
【日本語訳】
『バートン版 千夜一夜物語』全8冊(訳:大場正史、画:古沢岩美、河出書房、1967年)
『千夜一夜物語』<世界文学全集、第40巻>(訳:大場正史、河出書房新社、1969年)

検索で調べたところ、『千夜一夜物語』は、代表的な英訳が複数あって、その日本語訳もいろいろ出ているようですが、今は多くが絶版になっている模様。私は、上の2冊を図書館で探してみようと思っています。訳書はほかにもあり大きなネット書店の検索で探せます。

小山さんは、2001年12月30日にNHK総合で放送された「アラビアン・ナイト〜千一夜物語〜」にシャリアール王役(ダグレイ・スコット)の吹き替えで出演されました。




(1)はじめの一歩(1/11)
『はじめの一歩』第1巻〜
(作:森川ジョージ、少年マガジンコミックス、講談社、1990年2月〜刊行中)


男たちの熱〜い世界。読むと元気が出ますよ♪原作の漫画は、2004年10月現在、単行本で第70巻まで刊行中。




HOMEへ