新聞・雑誌記事(2002/07/02新設、最終更新2003/04/22 文責リリー)


●このページの更新は、現在、お休み中。(08/08/31)

●以下の3項目に分けて、小山力也さんご出演作関連記事が掲載された新聞・雑誌をご紹介しています。
・吹き替え関連記事(03/1/19)
・演劇関連記事(03/4/22)
・「ヴェニスの商人」関連記事


吹き替え関連記事
2002年
「朝日新聞」朝刊・4月18日付け
文化欄に「吹き替え洋画増殖中〜シネコンの家族連れが後押し」という見出しの記事。「ロード・オブ・ザ・リング」吹き替え風景の写真が掲載されていて、5人の声優さんの中に小山さんも写ってらっしゃいます。
記事は、外国映画の日本語吹き替え版が何故増えているかについて、劇場版とレンタルビデオ両方について考察。

<TV&RADIOステラ臨時増刊5/11日号>「海外ドラマファンブック2」(発行:NHKサービスセンター)
巻末の<海外ドラマの声優たち>にプロフィール掲載
プロフィール紹介コメントは、2001年版とは異なっています。「深い声が正統派二枚目によく似合う」と書かれていまして、ほんとうにその通り!嬉しいです(*^−^*)。

2001年
<TV&RADIOステラ臨時増刊5/5日号>「海外ドラマファンブック」(発行:NHKサービスセンター)
巻末の<海外ドラマの声優たち>にプロフィール掲載

2000年
「TV&RADIOステラ」2000年・8/4号<7/29〜8/4>(発行:NHKサービスセンター)
小山力也さんインタビュー掲載

2000年は、NHK・BS2でER第5シーズン放送、つまりジョージ・クルーニー降板によって、ダグがERを去った年でした。降板エピソードの最後5−15「愛と友情の終幕」、BSでの放映は7月31日(月)です。「ステラ」は、この8/4号で「海外ドラマ特集・さよなら、“ダグ”!ドクター・ロスが“ER”を去る日」という特集を組み、<5年間の思い出グラフィティ>と、<声優・小山力也インタビュー>を掲載しています。

小山さんのインタビューは、1ページ分掲載。ダグ・ロスについて、かなりまとまった形で語ってらっしゃっいます。5年間吹き替えを担当されてきた小山さんご自身が、ダグという人をどう見てらっしゃるかがうかがえます。お写真は2枚掲載。雨の中、苦渋の表情で腕組みしているダグのポスターの前で、同じポーズをして(笑)、上半身が写ってらっしゃるお写真(これは割と大きめ)と、プロフィール紹介文の上の小さなお写真。どちらもインタビュー時に撮られたお写真でしょうか、黒のシャツに紺のジャケットをお召しです。ちょうど「ステラ」のこの号が出た同じ頃、小山さんは、俳優座・本公演『我らが祖国のために』に出演されていましたので(@俳優座劇場、7月19日〜7月30日)、公演のチラシも掲載されています。舞台で囚人役を演じられた関係からか、髪が長めですね。

1999年
「キネマ旬報」99年9月下旬号(発行:キネマ旬報社)
小山力也さん、野沢由香里さん対談掲載

「キネマ旬報」、この号は<特別企画・映画より面白い!?ER/緊急救命室IV>という特集を組んでいます。16ページにわたる充実した内容です。その中に<声優対談〜小山力也(ダグラス・ロス)×野沢由香里(キャロル・ハサウェイ)>が4ページ分。「キネ旬」は、文字が小さくぎっしり書かれていますので、こちらもとても読みごたえのある対談です。

「SCREEN特編版〜TVシリーズ&スターズPART3」(発行:近代映画社)
小山力也さん、インタビュー掲載

「ER/緊急救命室」ロス役の小山力也さんとして、インタビューが1ページ分掲載されています。なお、隣のページには、グリーン先生役井上倫宏さんのインタビューが載っています。

1998年
◆「TVBros」平成10年5月23日号(2003/01/19UP)
この号の「素晴らしき吹き替えの世界」という特集に、「ER」吹き替えレギュラーの皆さんのインタビューが掲載されています。もちろん小山力也さんのインタビューも。写真もお1人お1人のお写真と集合写真が掲載されています。集合写真の皆さんの雰囲気がとっても素敵ですね。

*この記事について、mariさんにご教示いただきました。ありがとうございました。

1997年
「TV&RADIOステラ」1997年・8/8号<8/2〜8/8>(発行:NHKサービスセンター)
特集ER 声優が語る登場人物6人の横顔

---さわり---
 ロスに限らずこのドラマの登場人物はみんな人間的な深みがあるので、声の演技も一面的にならないように心がけています。仕事に集中しているシーンでも、その裏では女性関係の悩みや、父親との確執など、引きずっている人生があるように表現できたらと思うのです。
------------
他に井上、山像、平田、野沢、大塚、の各氏の記事
<中略>
そうそう、98年のキネ旬9月下旬号に35ページにわたるERの大特集があって、
井上、山像両氏の対談も載っています。で、翌年の小山、野沢両氏の対談に続くワケね。

(以上、On Threeさん。ありがとうございました。)
(リリー注:97年「ステラ」に上記特集があることと、掲載されている小山さんのコメントについて、On Threeさんが掲示板に紹介して下さいました。こちらにそのまま転記させていただきました。)


演劇関連記事
■劇団俳優座・第222公演『アドルフに告ぐ』劇評(2003/04/22UP)
『アドルフに告ぐ』は、俳優座第222公演として、1994年1月9日〜26日、俳優座劇場で上演された舞台(原作:手塚治虫、脚本:原徹郎、演出:亀井光子)。小山さんは、アドルフ・カミル役。アドルフ・カウフマンが、てらそま(現・寺杣)昌紀さん。峠草平が中野誠也さん。
*以下2つの劇評について、mariさんにご教示いただきました。ありがとうございました。

◆掲載新聞名不明(調査中)・1994年1月17日掲載分
大笹吉雄氏による劇評。
こちらの劇評によると、『アドルフに告ぐ』は劇団俳優座創立50周年記念公演の第一弾として取り上げられた作品。
文中に小山さんのお名前が上がっていて、「出演予定者の急病で代役した小山の好演をはじめ(後略)」(大笹氏の評より)とあります。急遽代役として立たれたにもかかわらず、高く評価されたのですね。さすがです!
舞台写真も掲載。河内桃子さん、中野誠也さん、小山力也さん、早野ゆかりさんがテーブルについて乾杯している写真。

◆「読売新聞」1994年1月31日夕刊掲載分
後日、改めてコメント書きます。

■劇団俳優座・第10回ラボ公演『メフィスト』劇評(2002/12/18UP)
『メフィスト』は、俳優座ラボ公演の第10回目として、1997年11月20日〜30日、俳優座稽古場で上演された舞台(原作:クラウス・マン、脚色:アリアーヌ・ムヌーシュキン、英語台本:ティンバーレイク・ウェーテンベイカー、訳・演出:勝田安彦)。小山さんは、ハンス・ミクラス役。
劇団俳優座公式サイト内、「サイトマップ」→「1997年の公演」→「メフィスト」で詳細がわかります。
*以下2つの劇評について、mariさんにご教示いただきました。ありがとうございました。(2002/12/18)

◆「朝日新聞」1997年11月25日夕刊掲載分
評者は大笹吉雄氏。『メフィスト』は、この公演が本邦初演。大笹氏の解説によると「トーマス・マンの息子である原作者の小説の劇化で、ワイマール共和国時代のドイツの地方劇団のコミュニストの俳優ヘンドリック(堀越大史)が、天賦の才と旺盛な野心のために自己欺瞞を重ね、第三帝国の国立劇場の総監督に成り上がるまでを描く」という作品。全体に辛口の評価をされているが、最後に「記憶に残るのは鶉野樹理のダンサーと、小山力也のナチス革命に裏切られるナチス党員の俳優」(以上、この項の引用はすべて大笹氏の評より)と書かれています。

◆『テアトロ』1998年2月号掲載分

評者は江原吉博氏。書き出しに「第二次大戦前夜のドイツの政治的混迷と、その中で苦悩する俳優たちの姿を描いて、現在にも通用する力作である」とある。『テアトロ』掲載の文章だから分量的にも長くて、丁寧に評されている。やはり最後のほうで小山さんの名前を挙げて「この愚直とも言えるナチス支持者を小山力也が好演している」(以上、この項の引用はすべて江原氏の評より)と書かれています。

■劇団俳優座『フル・サークル』関連記事(2003/01/15UP、02/17記事追加)
*以下の4つの記事はすべて、mariさんにご教示いただきました。ありがとうございました。
*『悲劇喜劇』は早川書房から出ている演劇雑誌。


◆『悲劇喜劇』1996年7月号(No.549)
に、『フル・サークル』の演出をされた勝田安彦氏の「わが日録」という文章が掲載されている。「日録」の日付は2月9日から3月24日。『フル・サークル』は俳優座ラボ公演で初演されたのが1994年12月。96年4月には俳優座本公演でとり上げられた。3月24日は4月の東京公演に先駆けて前橋で行われた公演の初日。公演直前の「日録」ということで、『フル・サークル』の稽古の様子や舞台装置、照明、音響のことなどに触れておられ、興味深い。(1/15)

『悲劇喜劇』1996年7月号(No.549)掲載の「対談 演劇時評」(大場健治氏、小澤僥謳氏の対談形式による劇評)に上記96年4月本公演の『フル・サークル』がとり上げられている。小山さんのお名前も次のように挙がっているので嬉しいですね。
「ちょっと面白かったのは、小山力也のソ連軍将校です。これは儲け役ですけれども、しっかりしているなというふうに観ました」(大場建治氏の評より)。(1/15)

◆「朝日新聞」1996年4月12日掲載分
4月17日からの「フル・サークル」公演開始に先立つ紹介記事。
「戦争の中の愛 戦争の傷あと―2つの人間ドラマ競演」という見出しで俳優座の「フル・サークル」と文学座の「シンガー」を紹介。記事リード文書き出しに「俳優座と文学座、二つの劇団がそれぞれ、第二次大戦の悲劇を発端にした骨太の人間ドラマを上演する。(中略)いずれも、重い主題を演劇の娯楽性で包んで表現した舞台だ」とある。
掲載の舞台写真には小山さん(=コロヴキン大尉)も写っておられます。(2/17)

◆「朝日新聞」1996年4月24日掲載分
山口宏子氏による劇評。

■劇団俳優座『ミラノの奇跡』劇評(2003/01/19UP、02/17記事追加)
『ミラノの奇跡』は1995年の劇団俳優座本公演(95年11月27日〜12月10日、俳優座劇場,第230公演)。原作:チェーザレ・ザヴァッティーニ 脚本:竹内銃一郎 演出:栗山民也 小山さんは主人公のトト役

◆『悲劇喜劇』1996年3月号掲載の「対談 演劇時評」(加藤新吉氏、謝名元慶福氏の対談形式による劇評)に俳優座公演『ミラノの奇跡』がとり上げられており、小山さんのトトの演技についても次のようにコメントされています。
「主人公、トトを演じたのが小山力也、素朴で純な感じはよく出していましたが、ヒーローとしての面がもっと際立っていいのではないか……」(加藤新吉氏の評より)。
なおこの劇評ページには、『ミラノの奇跡』の舞台写真も掲載されており、小山さんは主人公トトの役なので、その写真の中心に写ってらっしゃいます。(1/15)

*以下の6つの記事はすべて、mariさんにご教示いただきました。ありがとうございました。
◆「神奈川新聞」1995年10月28日掲載分
「土曜サロン」に、11月27日からの『ミラノの奇跡』公演に先立って丁寧な紹介記事。河内桃子さん、小山力也さん、井上薫さん、衣装をつけたお三人の素敵な写真。紹介文中、小山さんについて、「小山力也は、俳優座入団七年目。若手の成長株で、本公演での主演は「十二夜」「アドルフに告ぐ」に次いで三本目」というコメント。

◆「朝日新聞」1995年11月22日掲載分
こちらも、公演開始に先立つ紹介記事。
見出しに「俳優座 活性化へ栗山演出 『ミラノの奇跡』を舞台化」。演出の栗山民也氏、脚本の竹内銃一郎氏のコメントもまじえて、丁寧に紹介。記事の最後のほうには「主人公トトには、小山力也、その恋人には井上薫という、劇団期待の若手を起用……」とある。掲載されている写真が、小山力也さん、井上薫さん、河内桃子さん。とてもいいお写真です。(2/17)

◆「朝日新聞」1995年12月1日掲載分
田之倉稔氏による劇評。見出しに「視覚的なイメージは豊かに」。
舞台写真も掲載されている。上記『悲劇喜劇』3月号掲載のものとはまた別の写真。やはり小山さん中心のお写真です。(2/17)

◆「日経新聞」1995年12月1日夕刊掲載分
川本雄三氏による劇評。見出しに「ロマン・寓意性で苦心」。(2/17)

◆「産経新聞」1995年12月7日夕刊掲載分
小田島雄志氏の「芝居遊歩」という連載(と思われます)で俳優座の「ミラノの奇跡」が取り上げられている。
見出しに「人間味豊かな群像劇 重層的ドラマを構築」。

こちらの小田島氏の劇評で嬉しいのは、文中で小山さんのお名前を挙げられていることです。
「(前略)竹内銃一郎は、多数の住人たちそれぞれの人生に見せ場を与えて多層多面のドラマを構築し(個人的な好みから言うと、小山力也と井上薫が好感のもてる演技を見せているので、トトとエドヴィジェの愛の物語をもう少しふくらませて全体の芯にしてほしかったが)、栗山民也は快調な手綱さばきで人間味豊かな群像劇を現出させていた(後略)」(小田島雄志氏の評より)。(2/17)

◆「産経新聞」1995年12月9日夕刊掲載分
岩波剛氏による劇評。見出しに「日本人の失ったもの問う」。
この記事にも舞台写真。上記『悲劇喜劇』掲載のものと同じ写真。(2/17)


『ヴェニスの商人』関連記事
(主催:日欧舞台芸術交流会、2001年秋ヨーロッパ各地と東京公演)

*この公演の詳細はこちら
■新聞各紙の紹介記事と劇評(2001年)
「東京新聞」夕刊・11月12日付け
見出しに「『ヴェニスの商人』15日〜凱旋公演」「“復讐は復讐を呼ぶ”欧州諸国で反響」。
11月15日から始まる東京・凱旋公演に先立っての紹介記事。

「読売新聞」夕刊・12月19日付け
英国で行われた「Japan2001」に参加したプロジェクトの中から、二つの公演を紹介、評している。うち一つが、RSCの「The Other Place」で上演された『ヴェニスの商人』。(リリー注:『ヴェニスの商人』英国での公演は、このほか、Newburyの「Watermill Theatre」でも行われた。)
評者:みなもとごろう氏(演劇評論家)

「朝日新聞」夕刊・12月27日付け
見出しに「日欧の協同、古典に新しい息吹」とある劇評。「日欧の協同」というのは、この公演の演出家がルーマニア人のIon Caramitru氏なので、「日本とルーマニアの協同が英国の古典に新しい息吹をもたらした」(みなもとごろう氏の評より)と評されることになる。演出の様子がうかがえる形のコメントで、絶賛しています。
評者:みなもとごろう氏

■第9回読売演劇大賞関連(2002年)
「読売新聞」朝刊・1月13日付け
第9回読売演劇大賞・第1次選考結果〜5部門25件のノミネート作品、人を発表。

「読売新聞」夕刊・1月16日付け
第1次選考会〜男優賞部門の模様を報道。

(リリー注:『ヴェニスの商人』は、第9回読売演劇大賞優秀作品賞を受賞。シャイロック役の中野誠也さん(劇団俳優座)は、同賞優秀男優賞を受賞されました。)


HOMEへ