2002年ヨーロッパ公演『MACBETT』(2002/09/16新設、最終更新2002/10/20)



テアトル・デュ・シーニュ/日欧舞台芸術交流会公演
Theatre du Sygne/Euro-Japan Theatre Organization presents

『MACBETT』

a Japanese version


ちらし表面クリックすると拡大 ちらし裏面クリックすると拡大
ちらし表拡大 ちらし裏拡大

作:ユージェーヌ・イヨネスコ(by Eugene Ionesco)
新訳:松岡和子 
翻案:イオン・カラミトル、田村晴也
演出:イオン・カラミトル(directed by Ion Caramitru

小山さんは、マクベット役です!

[公演地]

ルーマニア/ブカレストとシビウ
フランス/パリとル・アーブル
Romania/Bucharest and Sibiu
French/Paris and Le Havre

[出演者]

中野誠也 小山力也 小川敦子 古関すま子 田中茂弘
星野元信 立花一男 石田大 執行佐智子 古賀勝恵

[公演日程]
〜以下は、2002年ヨーロッパ公演の日程です〜
2003年は、『冬物語』ヨーロッパ公演、『冬物語』・『マクベット』2本立てで待望の日本公演あり

〜Romania〜
●Bucharest●
2002年10月11日,12日/ブランドラ劇場
11,12 October 2002/Theatre Bulandra

●Sibiu●
10月16日,17日/ラドゥ・スタンカ劇場
16,17 October/Theatre Radu Stanca

〜France〜
●Paris●
10月24日〜27日/世界文化会館
24,25,26,27 October/Maison des Cultures du Monde

●Le Havre●
10月30日,31日/ル・ボルカン
30,31 October/Le Volcan Scene Nationale

[STAFF&CAST]

STAFF   CAST  
ADAPTATION Ion CARAMITRU/
Seiya TAMURA
DUNCAN Seiya NAKANO
TEXTE JAPONAIS Kazuko MATSUOKA MACBETT Rikiya KOYAMA
MISE EN SCENE Ion CARAMITRU LADY DUNCAN/
PREMIERE SORCIERE
Atsuko OGAWA
COLLABORATION ARTISTIQUE Nobutaka KOTAKE LA SUIVANTE/
DEUXIEME SORCIERE
Sumako KOSEKI
SCENOGRAPHIE Nobutaka KOTAKE/
Aya ROPPONGI
GLAMISS Shigehiro TANAKA
COSTUMES Nobutaka KOTAKE
Aya TSUKIOKA
CANDOR Motonobu HOSHINO
MUSIQUE Kei WADA
Taiko MATSUMOTO
L'EVEQUE Kazuo TACHIBANA
LUMIERE Sanami OTA BANCO/MACOL Dai ISHIDA
EFFETS SONORES Takashi URASAKI LA SERVANTE Sachiko SHIGYO
DIRECTEUR TECHNIQUE Akihiko MURAMATSU SOLDAT/FEMME Katsue KOGA
ASSISTANT DU DIRECTEUR TECHNIQUE Tsuyoshi TODA    
ADMINISTRATEUR DE PRODUCTION Kikuo YAMAZAKI    
DIRECTEUR GENERAL Seiya TAMURA    

*ここから上の公演情報UPには、日欧舞台芸術交流会さまの許可をいただいております。
*「マクベット」公演情報UP作業にあたり、ダンカン役をなさる俳優座の中野誠也さん私設サイト管理人SNOW様に大変お世話になりました。
以上、特に記して感謝申し上げます。



『MACBETT』関連いろいろ
 小山力也さんは、来る10月に行われる、海外公演『MACBETT』(テアトル・デュ・シーニュ, 日欧舞台芸術交流会公演)に、マクベット役(主役)で参加されます。

Eugene Ionesco(1909-1994) について

(1)日本語のページだと、こちら。<Yomiuri On Line>内。
http://www.yomiuri.co.jp/yomidas/konojune/94/94h7g.htm

(2)<Romania on line>内の、↓ページ
http://romania-on-line.net/general/a_z.htm から、リンク先へ飛ぶと(3)へ。

(3)イヨネスコの一生を概観したページ
http://www.ionesco.org/vie-en.html

(4)上記サイト内に、イヨネスコ戯曲ページ。
http://www.ionesco.org/oeuvres-en.html
左のメニューから、"Macbett"ヘ飛ぶと、過去の公演記録あり。

●海外公演地のサイト
◆フランス、ルアーブルの公演会場、Le Volcanのサイト。
http://www.levolcan.com/

◆ルーマニア、ブカレストの公演会場、Theatre Bulandra のサイト。
http://www.bulandra.ro/ro/istoric.htm

◆フランス、パリの公演会場、世界文化会館のサイト。
http://www.mcm.asso.fr/

◆ルーマニア、Sibiu の会場、「ラドゥスタンカ」の原語表記(綴り)が、わかりません。
こちらも、ご存知の方、いらっしゃいましたら、教えて下さいませ。

(10/4追記)「ラドゥスタンカ」劇場、綴りわかりました。<Theatre "Radu Stanca">
ここは、シビウにある伝統ある劇場らしい。
検索すると、狂言の万蔵家八代目当主野村万之丞氏主宰の「萬狂言」が、99年6月に、このラドゥスタンカ劇場で公演を行っていますね(シビウ国際演劇祭参加)。国際交流基金のHPに記録が載っています。<Radu Stanca Theatre>で検索して<Yorozu Kyogen>って出てきたのでびっくり!
http://www.jpf.go.jp/e/others/whats/9906/06_06.html


●イヨネスコ戯曲の邦訳本、または英語版について
【邦訳本】(9/23)
・『授業・犀:ベスト・オブ・イヨネスコ』
(ウージェーヌ・イヨネスコ著、安堂信也ほか訳、白水社、1993年11月刊、\3,000<税別>、ISBN:4560035040)

収載戯曲は、「禿の女歌手」、「授業」、「椅子」、「犀」、「アルマ即興」、「歩行訓練」の全6作品。
これは、絶版ではなく、本屋で入手可の本です。
☆以上は、紀伊国屋bookwebの検索結果

・『イヨネスコ戯曲全集』全4巻 (白水社、すべて1969年刊)

「マクベット」邦訳は、この全集には、収められていない模様。
☆なお、この全集の存在は、りぶるさんに情報提供いただきました。

●劇場以外の関連サイトご紹介(10/20)
Sibiu On- Line(シビウ公式サイト)
英語版あり。写真が豊富。

Beravo.Com (和田啓さん、松本泰子さん)
『MACBETT』公演の音楽を担当される和田啓さん、松本泰子さんご夫妻のサイト。
お二人とも活発に演奏活動をされています。その内容については、ぜひサイトの方をご覧になって下さい。

和田啓さんはこれまで、日欧舞台芸術交流会公演『ファウスト』(1999年)、『ヴェニスの商人』(2001年)の音楽も担当されています。(いずれも演出は今回と同じイオン・カラミトル氏)
11月帰国後すぐ、ニューアルバム「RabiSari II」発売記念ライブが鳥取県大山と京都であります。詳しくは、Beravo.Com内ライブ情報に。

私は昨年11月『ヴェニスの商人』で和田さんの音にはじめて触れ、その後12月に大阪でのライブを拝見しました。時間を越えて遥か遠いところからやってきたような不思議な音。それなのに、「ああこの感覚、昔から、生まれる前から知っていたものかも」と思えるような、何かを呼び覚まされるような音でした。サイト内で音楽が聞けるようになっています。(この項、2002/10/20記)



HOMEへ