1967年俳優座・こどもの劇場「森は生きている」のこと(2001/12/27UP)


以下は、私が子どもの時生まれて初めて観た演劇「森は生きている」(1967年俳優座・こどもの劇場公演@大阪サンケイホール)について記したものです。まったく個人的な思い出ですが、読んで戴けたら嬉しいです。

「森は生きている」とは?

『森は生きている』は、ロシアの詩人・作家サムイル・マルシャークが1946年に書いた戯曲。1948年にモスクワ芸術座で初演。原題は「Dvenadtsati Meshatsef」<一二月(じゅうにつき)>という。日本では、1954年5月に俳優座によって初演された(俳優座劇場こけら落とし公演、翻訳:湯浅芳子、演出:青山杉作、音楽:林光)。日本の児童演劇の傑作とされる作品。

のちにこの劇は、劇団仲間に引き継がれてゆく。また1992年には林光氏によってオペラ化もされ、氏が芸術監督を務めるオペラシアターこんにゃく座によって上演される。現在まで、劇団仲間、こんにゃく座、両劇団の代表的演目の一つである。

わがままな女王が、(春に咲く)マツユキソウを持ってきた者には、褒美を取らせるというおふれを出す。欲に目がくらんだ"老婆"と"むすめ"は、大みそかの晩だというのに、"ままむすめ"(主人公)にマツユキソウを探して取って来るように命じて、森に行かせる。"ままむすめ"は、森の中で一二月の精たちに出会い…というお話。 舞台は、森の中、"ままむすめ"が暮らす"老婆"の家、女王の住む宮殿の三場で展開する。マルシャークの原作と湯浅芳子さんの翻訳がすぐれたものであることはいうまでもないが、林光さんの音楽がとても素晴らしい。


私の観た「森は生きている」

「森は生きている」、この劇を私は、1967年8月に俳優座・子どもの劇場公演で観ている。(翻訳:湯浅芳子、演出:阿部廣次、音楽:林光、会場:大阪サンケイホール)

7歳のとき、生まれて初めての生の演劇。わくわくしながら観てとても感動した。以後大人になってからどんなにすばらしいお芝居を観ても、私にとって「森は生きている」は「これだけは別格」のベストアクトである。

主役の女の子("ままむすめ")を演じられたのが栗原小巻さん。"むすめ"が、岩崎加根子さん、"女王"が、佐藤オリエさんだったと思う。(岩崎さん、佐藤さんの役については、遠い記憶なのでまちがってるかもしれません。ご存じの方いらっしゃいましたら、指摘して下さい。)

1967年は、栗原さんがNHKの大河ドラマ「三姉妹」に出演された年なので、テレビで見ていた有名な女優さんが目の前におられるということに感激したのを覚えている。しかし劇の進行とともに、テレビに出ている女優さんという意識は消えて、心はロシアの森の世界に入りこんでいた……。

栗原さんのよく通る美しい声。「ころがれ、ころがれ、指輪よ、春の玄関口へ〜」という呪文ひとつで、別の世界への道が開ける楽しさ。森の中でむすめを迎える十二月の精達のあたたかい声。わがままなのにとても淋しそうだった女王の声。そしてあの有名な「燃えろ、燃えろ、あざやかに〜」の「十二月の歌」や「終曲・黄金の太陽」の歌声とオーケストラの豊かな響きは深く心に刻まれて、以来ずっと私の中にあった。

舞台の視覚的な面は30年以上経って、もうあまり覚えていないのに、耳で聞いたセリフと音楽は鮮やかに残っているというのは、面白いことである。

十二月の精達は、あたたかく"ままむすめ"を迎えるけれど、そのあたたかさは、べたべたした人間関係ではなくって、とてもすっきりとしたものであったこと、話される日本語が洗練されていて上品で美しく、ハイカラな感じがしたこと、舞台の上は、自分の日常とは違う“外国”であったこと…当時、こんな風に言語化して捉えたわけではないけれど、子ども心に確かにそのように感じていた。

ERからファンになった小山さんが、俳優座の役者さんだと知り、同時期に、「森は生きている」が俳優座で初演された劇なのだということに気づいた時、何かに打たれたような気持ちになった。「森は生きている」の中にあった、とてもヒューマンなあたたかいもの、洗練されたすっきりしたもの、あの時の印象と、小山さんの演技の芯にある「何か」が、30年の歳月を越えて私の中ではつながったからである。

劇の一番最後、すべてがおさまるところにおさまって一二月の精の一人"四月"が、"ままむすめ"に言うセリフ、「さようなら。ぼくがお客に行くのを待っていておくれ」。若々しいやや高いお声だったと記憶している。演じられていたのがどなたなのかわからないのだが、今も忘れられない声の響き。そしてこの後、「終曲・黄金の太陽」というエンディングの歌が歌われて終わっていく。その歌詞には、今あらためて意味を考え直したい言葉もたくさんある。

本当にすぐれた演劇、それは上演されたその時だけのものではない。いつまでも観た人の心に生き続け、火を灯し続けてくれるものだと思う。

〜読みづらいものを、最後まで読んで下さってありがとうございました。(2001年12月27日記)
                                   
*演劇関係のサイトで、「森は生きている」の解説に上の文章の一部(それなりの分量)を全くそのまま使用されているページがありますが、私が書いたものが時間的に先です。(2006年8月28日記)

*この文章を書くにあたり、下記の本とサイトを参考にしました。(2001年12月27日記)
・『森は生きている』(作:サムイル・マルシャーク、訳:湯浅芳子、岩波書店、1972年刊)
・『森は生きている・楽譜集』(著者:林光、発行所:一ツ橋書房、1991年刊) 

「演劇講座(湯浅芳子展)」早稲田大学演劇博物館公式サイト内のページ。林光氏の講演の要約がある。1954年に俳優座が初演した時の舞台写真も掲載されている。

「湯浅芳子展報告」〜上記早稲田演博サイト内

劇団俳優座公式サイト 内の上演年表 (<トップページ>→<俳優座とは>→<俳優座上演年表>)

オペラシアターこんにゃく座

劇団仲間

                                                      




HOMEへ