小山力也さんプロフィール(2001/11/16UP、最終更新2011/11/03)

*このプロフィールは、私が収集し、またこれまでに多くの皆様からご提供いただいた複数の確実な資料を参照して書いたものです。もちろん、小山力也さん及び俳優座さん公式サイドとは一切関係ありません。「私の目から見た小山力也さん」を、「小山さんってどういう方なんだろう?」と検索して当サイトに来られた方にご紹介するとしたら、こういうふうになる、という文章です。文責はすべてリリーにあります。もし、間違いや誤解を招く記述を発見されましたら、ご指摘ください。
劇団俳優座映画放送部様、立命、桐朋のOB・OGの皆様、80年代、90年代の小山さんの舞台についてお話を聞かせて下さった皆様、ほか、小山さんのお仕事に関する資料をご提供いただいたり、貴重なお話を聞かせてくださったすべての皆様に心より感謝いたします。ありがとうございました。
【主な参考資料】
・劇団俳優座映放部様から、当サイト立ち上げ初期にご提供頂きました資料
・劇団俳優座広報誌「コメディアン」1995年10月号掲載インタビュー(聞き手:横溝幸子様)と同誌2000年6月号掲載インタビュー(聞き手:中村桂子様)
・立命館大学校友会報「りつめい」No.222(2005年10月)掲載インタビュー「RITSUMEI INTERVIEW 劇団俳優座 俳優・声優 小山力也さん」
http://alumni.ritsumei.jp/report/pdf/222.pdf
・桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻同窓会サイト様
http://ameblo.jp/tomogeki



 
 小山力也さんプロフィール



1963年12月18日、京市生まれ。所属:劇団俳優座

立命館中学・高校を経て、立命館大学法学部卒業。

1982年、立命1回生のとき、学生劇団「劇団立命芸術劇場」の新歓公演、つかこうへい『熱海殺人事件』を誘われて観て、芝居の魅力にとりつかれる。その後、立芸に入団し、演劇活動にのめり込む(←立命芸術劇場に関する記述のソースは立命館校友会報(2005年10月号)掲載のインタビュー記事)。

1986年、桐朋学園大学短期大学部芸術科演劇専攻(21期)に進む。桐朋の卒業公演(注1)は1988年2月、俳優座劇場で、『ある馬の物語―ホルストメール』、原作: レフ・トルストイ、脚色: M・ロゾーフスキイ、訳: 桜井郁子、演出:岩浅豊明(←この公演は主役を含むほとんど全ての役がダブルキャストで行われ、小山さんは主役のホルストメールをなさったそうです。私のexciteブログにも記事を書いています)。

1988年、桐朋卒業と同時に、劇団俳優座入団。(注2)
 
俳優座公演の初舞台は、『白痴』(1989年、召使い役、ドストエフスキー原作、千田是也演出)。
マイケル・ペニントン演出『十二夜』(1993年秋の俳優座本公演)のオーディションでセバスチャン役に選ばれ、認められる。翌94年の俳優座創立50周年記念公演『アドルフに告ぐ』(亀井光子演出)では、本番4日前に代役でアドルフ・カミル役に抜擢され、その演技は感動をよぶ(←この公演をご覧になった複数の方から、本当に素晴らしかった!とお聞きしています)。

以後、今日まで、俳優座公演ほか数々の舞台に立ち、活躍を続けている。
大きさと繊細さをあわせ持った深い演技で、役と作品世界を鮮やかに造形し、観客の心をとらえて離さない。国内だけでなく、「日欧舞台芸術交流会」による海外公演(注3)にも度々参加、ヨーロッパでも好評を博す。

最近の舞台として、2004年日欧舞台芸術交流会公演『オセロー』(作:シェイクスピア、訳:松岡和子(この公演が松岡氏新訳『オセロー』の訳下ろし上演)、演出:イオン・カラミトル。ヨーロッパ各国と東京巡演)では、タイトルロール、悲劇の武将オセローを格調高く、美しく演じ、あわせて今日の世界の姿を提示した。その後、6年ぶりの俳優座本公演出演となった、2006年10月公演『罪と罰』(作:ドストエフスキー、脚色:Y・カリャーキン/Y・リュビーモフ、訳:桜井郁子、演出:袋正)では、主役・ラスコーリニコフを演じ、苦しみに生きる人間の普遍的な姿を生き生きとドラマティックに造形した。2009年1月の劇団俳優座創立65周年記念公演第一弾『村岡伊平治伝』(作:秋元松代、演出:安川修一)でも主演、全く新しい村岡伊平治を創り上げた。

来る2011年11月14日(月)〜23日(水)、東池袋「あうるすぽっと」で行われる俳優座本公演『ある馬の物語』では、主役、ホルストメール役。23年前の桐朋(21期)卒業公演で演じた同じ役に、今や俳優座の押しも押されぬ俳優として挑む。演出は俳優座若手気鋭の演出家眞鍋卓嗣氏。

[小山力也さん舞台関係参考リンク]

●俳優座公式『ある馬の物語』特設サイト
●当サイトで作成した小山さん舞台出演作品リスト(1989年―2009年)
●私リリーの観劇記(2000年―2009年)

テレビドラマでは、『校長がかわれば学校が変わる1・2』、『冤罪』(以上TBS)などの社会派ドラマに出演。80年代に出演した『仮面ライダーBLACK RX』霞のジョーは純朴で暖かい役柄で、心に残る。

アテレコの最初の仕事は、1995年12月にNHK・BS2で放送が始まったアメリカのTVドラマ『ER緊急救命室』。オーディションで選ばれ、小児科医ダグ・ロス役(ジョージ・クルーニー)の吹き替えを担当。ダグ・ロスという多面的な人物を魅力的に演じて、ファンの心をつかみ、一躍有名になる。以後、洋画・海外ドラマ、アニメ、ゲーム、ナレーション等、幅広いジャンルの声の仕事で活躍中。話題の海外ドラマ『24』では、主役ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)の声を担当。あり得ないような状況が連続するこの作品において、テロと闘う緊迫感、スピード感、のみならずジャックの内面の葛藤、悲劇性を見事に表現し、リアリティーある人間ドラマを創造した。『24』は、2011年11月現在、シーズン8(ファイナル)レンタル中。


--------------------------------------------------------------------------------
(注1)桐朋演劇科21期の卒業公演については、同じく21期卒でいらっしゃる大塚秀記様から詳しく教えていただきました。ありがとうございました。

(注2)桐朋ご卒業と俳優座入団の年は、1988年が正しいです。
当サイト立ち上げ初期に俳優座映放部様から頂いた小山さんのプロフィールの資料、俳優座広報誌「コメディアン」インタビュー記事(95年10月号と00年5月号)中の記述、ほか複数の資料により確認しています。Wikipediaで、桐朋ご卒業&俳優座入団の年が89年と受け取れるような記述になっているのは誤りです。

(注3)長年続いている日欧舞台芸術交流会海外公演ですが、小山さんが参加されたものは、一番最初は、97年の『ジュリアス・シーザー三部作』と思われます。以後今までに、『夢の劇』(98年)、『ヴェニスの商人』(01年)、『マクベット』(02年)、『冬物語』(03年)、『オセロー』(04年)に出演されています。


◆ファンレターあて先:〒106-0032 東京都港区六本木4-9-2 劇団俳優座



HOMEへ