小山力也さん舞台観劇記 目次(2002/06/30新設 2012/11/09更新)

・2000年『我らが祖国のために』(06/08/28UP)
2000年7月の俳優座本公演。作:ティンバーレイク・ワーテンベイカー、訳・演出:勝田安彦。小山さんは、囚人ジョン・ワイズハマーと、ワトキン・テンチ大尉の二役。
★観劇日:2000年7月26日(水) 俳優座劇場

・2000年『フル・サークル-ベルリン1945-』(02/06/25UP)
『フル・サークル』は1994年12月の俳優座ラボ公演が初演。
その後1996年に本公演に取り上げられ各地の演劇鑑賞会でも上演されてきた作品です。
作:エーリヒ・マリア・レマルク、潤色:ピーター・ストーン、訳・演出:勝田安彦。小山さんはコロヴキン大尉役。
私は倉敷での公演を拝見しました。そのときの感想です。
★観劇日:2000年9月17日(日) 倉敷市芸文館

・2001年『ヴェニスの商人』(03/04/30更新)
主催:日欧舞台芸術交流会&テアトル・デュ・シーニュ。ヨーロッパ各地と東京巡演。作:シェイクスピア、訳:松岡和子、演出:イオン・カラミトル。小山さんはアントーニオ役。
★観劇日:2001年11月17日(土) 俳優座劇場

・2003年『冬物語』・『マクベット』2本立て公演(08/08/31再UP)
主催:日欧舞台芸術交流会&テアトル・デュ・シーニュ。
『冬物語』(作:シェイクスピア、訳:松岡和子、演出:ウィリアム・ガリンスキー、小山さんはカミロー役)
『マクベット』(作:イヨネスコ、訳:松岡和子、演出:イオン・カラミトル、小山さんはマクベット役)
★観劇日:2003年11月28日(金)『冬物語』、同11月29日(土)『マクベット』 俳優座劇場

・2004年『オセロー』(05/10/10UP)
★観劇日:2004年11月20日(土)・21日(日) 三百人劇場

・2005年劇団俳優座『戦争とは・・・2005』のうち、群読「悪魔の飽食」(05/10/10UP)
俳優座さんが毎年8月に行われている朗読会。小山さんは、森村誠一作「悪魔の飽食」の群読に御出演。
★観劇日:2005年8月15日(月)・16日(火) 劇団俳優座5F稽古場

・2006年劇団俳優座『罪と罰』(07/10/08UP)
↑上記リンク先は私のexcite blogです。
2006年劇団俳優座本公演、10月5日〜15日、新宿・紀伊國屋ホール。小山さんは主役ラスコーリニコフ役。
★観劇日:2006年10月8日(日)・9日(月)・15日(日) 紀伊國屋ホール

・2009年劇団俳優座『村岡伊平治伝』(09/07/29UP)
(その1)第一次感想
(その2)第二次感想
(その3)感想あとがき
↑上記リンク先は2つとも私のexcite blogです。
★観劇日:2009年1月10日(土) 俳優座劇場

・2011年劇団俳優座『ある馬の物語』(2011年11月30日、12月1日UP)
昨年ブログにアップした感想(記事4本)
↑上記リンク先は私のexcite blogです。
★観劇日:2011年11月19日(土)昼公演、20日(日)昼公演、23日(水・千秋楽)昼公演 池袋「あうるすぽっと」


・番外編 1967年俳優座・こどもの劇場『森は生きている』(01/12/27UP)
1960年生まれのリリーが観た、大阪サンケイホールでの公演の感想です。
★観劇日:1967年8月 大阪サンケイホール
「・・・(略)・・・ERからファンになった小山さんが、俳優座の役者さんだと知り、同時期に、『森は生きている』が俳優座で初演された劇なのだということに気づいた時、何かに打たれたような気持ちになった。『森は生きている』の中にあった、とてもヒューマンなあたたかいもの、洗練されたすっきりしたもの、あの時の印象と、小山さんの演技の芯にある「何か」が、30余年の歳月を越えて私の中ではつながったからである。・・・(略)・・・」




HOMEへ 舞台出演作品一覧へ