「ヴェニスの商人」感想ページ(2002/01/08UP 最終更新2003/04/30)


小山力也さんがアントーニオ役を演じられた、2001年秋の公演「ヴェニスの商人」(主催:日欧舞台芸術交流会&テアトル・デュ・シーニュ)について、観劇直後に私が掲示板に書いた感想と後から書き足したものを、こちらに転記しました。(2002/01/08)  

目次】<作成日の古い→新しい順>
(その1)11月17日・帰阪直後の感想 (その2)新しいヴェニス!新しいアントーニオ! (その3)からだ。そして幕切れの象徴性

(その4)超楽しくて超お洒落な!   (その5)音楽について                (その6)ヒーローはシャイロック!(2002/01/8)
(その7)再び幕切れのシーンについて(2003/04/30)


●「ヴェニスの商人」公演情報ページへ
●HOMEへ


(その7)再び幕切れのシーンについて(2003/04/30UP)

 随分間があいてしまいましたが、「ヴェニスの商人」の感想、続きを書きました。

 こちらのページに既にUPした感想を今、読み返すと、もう恥ずかしい気持ちでいっぱいなんです。なのに、性懲りもなくまた書いてしまいました。これがまた長文でごめんなさい。あまり読まないでくださいね(笑)。


 「ヴェニスの商人」、小山さんがタイトルロール、アントーニオを演じられたお芝居。美しい舞台でした。この世のものとは思えないというたとえは大げさでしょうか。それほど異空間で、上品ですっきりしていて、お洒落で、そして音楽的。
装置や衣装に「和」の要素。日本の着物の意匠を取り入れた美しい衣装。でも一昔前のジャパネスクのようなごてごてした感じではなくて、もっと洗練されたもの。装置はいたってシンプルで(四角いぼんぼりのようなものをやはり四角い空間の両脇に配置するなど)、そこに繊細な照明。

 舞台の両サイドに音楽を演奏する方たちを配しているため(シンセサイザーと打楽器だと思います。この音楽の方たちは日本の古典芸能の「黒子」のような形)、演技は主に真ん中のスクエアな空間を使って行われます。役者さんの出入りも、時々、客席に下りる階段を通って、客席通路横手(舞台に向かって右側)のドアに抜ける(またはその逆)という形をとります。私の観た感じでは、舞台面を左右に動いて、舞台袖へ出入りするというのが(ふつうのお芝居より)少なくて、四角い演技スペースの奥から出てきて、客席側へ降りて、通路横のドアから退場(あるいは逆)という形が随所で効果的に使われたことで、空間の奥行きとか動きのダイナミックな感じがいっそう出ていたように思います。視覚的な奥行きやダイナミズムは、精神的なものにつながっていきますよね。

 さて、今日書きたかったことは、このお芝居の幕切れの印象的なシーンについて。
 イオン・カラミトル氏演出の「ヴェニスの商人」では、原作のようにこれにて一件落着、めでたしめでたしでは終わらずに、アントーニオとシャイロックによる無言劇の部分が付け加わっています。
シャイロックを裁いて、ベルモントのお屋敷へ戻ってきたポーシャとネリッサ。愛の証しである指輪を「なくした」男たちをからかいながら問い詰めて、でも最後はすべてが収まるところへ収まり、3組のカップル(ポーシャとバサーニオ、ネリッサとグラシアーノ、ジェシカとロレンゾー)が踊り出します。曲は哀愁を帯びたロシア民謡風?の曲(コサックダンスの音楽みたいな感じだったと思います。テンポも段々早くなっていたような)。6人の男女がそれぞれ対になって踊っているのに、ひとりアントーニオだけがその輪に入れずに終始、呆然として戸惑っているような表情で6人を見ていて、何か"一人だけ離れたところにいる"ような感じ。「ああ、これは一体何だろう!?この人(=アントーニオ)のこの"すべてから離れたような感じ"は何?」と思い、はっとしました。音楽の曲調が、どこか愁わしげなものだったことと、このときのアントーニオの表情から、「もしかして、ここでハッピーエンドとは違うのかもしれない」という予感はありました。

 踊りは終わり、6人は退場。ひとり舞台に取り残されたアントーニオ(ここも、気がついたら一人だけ取り残されていたという感じ)。そこに、シャイロック(中野誠也さん)が登場。アントーニオの驚きと怖れ。ふたりはもつれあうように絡み合って、シャイロックがアントーニオを剣で刺すようなしぐさ(踊りのシーンから以降、一切セリフはありません)。でも、それがアントーニオの見た幻影であることを暗示するしぐさ(があったと思う)。いつの間にかシャイロックは見えなくなっており、舞台には、まるで十字架に架けられたかのように見えるアントーニオの姿が闇の中に浮かびあがる。苦しげな姿。それは……実際よりもとても長い時間に感じられました。あとに残るのは暗い闇だけ。ここで幕となります。この幕切れの小山さんの姿を見ていたときの、とても苦しくて甘美な感じを忘れることはないでしょう。

 最後のアントーニオの姿そのものが何かを暗示していたような気がするけれど、それは一体何だったのか、この無言劇部分の意味は何なのかと聞かれたら、言葉では答えられないです。特に観ていたときと直後はあまりにもこの場面が衝撃的だったので、はあ〜(ため息)と思考停止状態でした。

 ポーシャがベルモントに帰ってきたときに言う、とても美しいセリフがあります。「あんなに小さな蝋燭が、こんなに遠くまで光を届ける。良い行いもあんなふうに悪い世の中を照らすのだわ」。(松岡和子氏訳のちくま文庫版より)
 
 このセリフは、今ここだけ取り出して文字で読むと、(今の時代には)あまりにものんき過ぎる言葉のように見えるけれど、劇中、ポーシャの小川敦子さんが、女神のように美しいお姿とお声でおっしゃったとき、それは本当に美しく、天の声みたいな感じがしたものです。そこには、遠くを仰ぎ見て抱く希望のようなものがありました。美しい姿かたちをした希望。そして、最後の無言劇の場面でのシャイロックとアントーニオの渾然一体性、幕切れで闇の中に浮かんだアントーニオの苦しげな姿に、私は何を感じたか?そう、あのときの小山さんの姿には、苦しみだけではなく、私たちがあのお声を聴いたときに感じる魅力的な甘さ、セクシーさがありました、それもすごく洗練された形で。
 
 対立を乗り越えるなど絶対に不可能に見える。けれども、破滅に向かわないようにするための道筋のヒントが、ポーシャのセリフと、シャイロックとアントーニオによる最後の無言劇の中に言葉でこうと言えない形で暗示されていたような気がしてなりません。


【あとがき】
 読みづらいものを最後まで読んで下さってありがとうございました。とりあえずUPしましたが、これからこっそり修正します(^^)。ため息をつきながら圧倒されて観た記憶に基づいて書いているので、勘違いが多いと思います。夢幻能についても、いいかげんなこと書いているし(^^)。ご覧になった方で、それは違うよというのがありましたら、どしどし指摘して下さい。とても恣意的な感想で、特に最後のほうは私の勝手な後づけの理屈です。衣装や装置に「和」の要素を取り入れていても、「いかにも日本的」というのではなく、外国風、ヨーロッパ風な感じが強くあったと思うし、また決して理屈っぽいお芝居ではなかったのです。暗示的に示されていたことはいろいろあったようには思いますが。お洒落できれいな舞台だったな〜、小山さんはかっこよくて、セクシーで、堂々としてらして、本当にすばらしかったな〜というのが一番大きな印象です。


(その6)ヒーローはシャイロック!< 2002/01/08(Thu) >

感想の続きを書こうと思いながら、長いことほったらかしにしていました。
観劇直後には掲示板に思いのままに書いていたけれど、時間の経過とともに、あのお芝居はどれだけ言葉を尽くしても語ることが不可能、文章化することは、あの素晴らしかったお芝居に対して何だか失礼…そんな気持ちが強くなっていったのでした。

今も、「書く」ということが、とても失礼なことなのではないか?という感覚はありますが、年もあらたまったことだし、気を取り直してこの辺りでまとめておこうと思います。(その6)以下もう少しこちらに続けます。よろしければお付き合い下さい。

----------------------------------------------------------------
この劇のヒーローはシャイロックである。けっして敵役ではない。
シャイロックを演じられた中野誠也さんのすばらしかったこと!
これこそ、言葉で伝えることは不可能。ご覧になった方にはわかって頂けると思う。
カラミトル氏の演出は、通路を通って客席側の扉からも入退場するように
なっていたのだけれど、ちょうど私の居た席の前を通って中野さんが退場された時があった。
この時鬼気迫るオーラが感じられて本当に怖かった。

シャイロックは、自分たちの価値観に従ってふつうに生きているだけなのだ。
法廷の場面では、シャイロックが劣勢になっていくにつれて
「どうしてみんな大勢でよってたかってシャイロックをいじめるの!
シャイロックは少しも悪くない〜。」と彼の肩を持ってしまった。
多数派の側が、少数派を、一方的に断罪することのおかしさがよくわかる。

法廷という公の場で、あんな風に自分を完全に否定され、なぶりものにされたら
そりゃあ誰だって復讐に向かうのは当たり前だろう。誇りを奪われたままでは、人は生きていけない。
復讐するか、自分が死ぬかどちらかしかない。


(その5) 音楽について
その一
<2001/11/28(Wed) 12:37>

「ヴェニスの商人」で音楽を担当されたパーカッショニストの和田啓さん。
私は、この方のご活動について全く存じあげていなかったのですが
公演を拝見し、とても魅力的だった音楽、打楽器の音が今も耳に残っています。
音が、どこか別の世界から聞こえてくるような気がした・・・
そういう瞬間が何度もありました。

和田啓さんと松本泰子さんのオフィシャルサイトがこちら。
http://www.beravo.com/index.html

その二< 2001/11/29(Thu) 23:24>

ヴェニスの音楽は、お芝居の流れに溶け込んで、音楽だけが目立ちすぎるなんてことがない。
それなのにすごく心に残る音。
打楽器ってとっても神秘的な楽器だなあなんてことも思ったのでした。

開幕の最初からずっと舞台上、両脇に奏者の方(2人と1人)が、おられて
演奏はナマで行われるので、音がダイレクトにこちらに響いてきます。

お芝居の終盤、ポーシャがベルモントに戻ってきて、屋敷に帰りつく直前の独白
あの背後で鳴り響いていた音が、どこか別の世界から聞こえているような、神秘的、予言的な感じだった。
神秘的といってもそれは、過去に向かうのではなく、未来、うつくしい未来を示しているような…。

あ〜、すみません。
音楽こそ、言葉で言いかえて伝えるってことがむつかしい、出来ないですね。
あの場の小川敦子さんのお美しいお姿、お声、セリフと共に音楽がとても心に残っているのだけれど…。

ご覧になった方のお話をぜひお聞きしたいです。

(リリー注:「ヴェニスの商人」の音楽は、作曲が和田啓さん。
演奏は上に記したように、舞台上でナマで行われたのですが
奏者は、和田さんと、細川正彦さん、柿本早織さんのお3人です。)


(その4)超楽しくて超お洒落な!<2001/11/20(Tue) 01:22>

わたしは、何でもこうやって理屈を言って、ものを見るのが好きで
楽しいものですから、ついつい書きすぎてしまうのですが
観ているときにいちばん感じていたのは
とても楽しくって、洗練されていてお洒落だわー!ってこと。

洗練されているという印象に、とても美しかった衣装と
シンプルな装置、繊細な照明の果たした役割は大きいです。
音楽も、よかった。

ということでこれらについてもまた改めて。
ずっとちゃんと寝ていないので、さすがに眠い。
もうねます〜。お休みなさい〜Zzzzz…。


(その3)からだ。そして幕切れの象徴性<2001/11/19(Mon) 20:31>

ヴェニスの感想は、まとめて別ページをつくりますが
それになかなか取り掛かれないので
掲示板に思ったことを、順不同で書いてゆきます。

まず・・・この劇のヒーローはシャイロック!
中野誠也さんのシャイロックは、本当にすごい。素晴らしかった!
(シャイロックについては別に改めて書きますね。)

一方、カラミトル演出でアントーニオに与えられた役割は
非常に複雑。役割が多層的とでも言ったらいいか。
一番難しい役だと思いました。
劇の流れから、一人だけちょっと離れたところに身を置いて
離れた演技をしないといけない。それも最初から終わりまでずっと。
(と思ったんだけど。どうでしょう?)

小山さんは、そんな役をいとも軽々と演じてらっしゃいます。
ため息が出る。完全に新しいアントーニオ像の造形でした。
(原作と具体的に違ういくつかの点、これについてはまた改めて。)

小山さんと言えば、皆さんあの凛々しくて豊かでセクシーなお声を思い浮かべられるでしょう。
ただ、この舞台の小山さんは、お声がすばらしいのは当たり前、
セリフや表情の演技が確かで豊かで深いのも当たり前なんです。
それ以上に小山さんのからだ、体の動きのキレがよく、小気味いいのが目を引きます。
無言で演技されるところ、踊られるところなどが、はっとするほどセクシーで
若々しくて、スピード感があって、スタイリッシュで、強くてしなやか!

小山さんのからだの演技、それが頂点に達するのは幕切れの場面!
カラミトル演出は、原作のめでたしめでたしで終わらず、全員が退場してしまったあとの虚ろな空間で
アントーニオが、まるで十字架に架けられるように、シャイロックに刺されて死ぬ。
二人の姿が舞台から消えて、虚ろなしかし美しい舞台空間だけが暗闇の中に浮かぶ。そこで終わります。
(追記:この幕切れシーン、非常に調和的で完全で美しくて、とってもお洒落だと思いました。
文字で読むと重苦しい印象があるかもしれませんが、ぜんぜんそんなことない。
美しい絵を観ているような気持ちになった。甘美な快感。)

ここは無言劇で、非常に象徴的な演技。
「ヴェニスの商人」には、復讐の連鎖というのがありますが(と思う。)
この幕切れのシーンは、象徴性が高いので
ここを、アントーニオに対する再復讐とは(確かにそうなんだけれども。)むしろ捉えない方がよい。
あの場面の象徴性に身をゆだねて感じるのがいちばんよい、ように思いました。
(追記:「十字架」が実際に登場するわけではありません。)

ここの小山さんが、もう素晴らしいです。ヴェニスで一番印象に残った場面は、どこかと聞かれたら
やっぱりこの幕切れですね。
十字架に架けられるアントーニオな小山さん。
そのお姿は、とてもはかなく、うつくしく、セクシーで、苦しい!

ということでとりあえずこれで。

(つづき)<2001/11/19(Mon) 22:42>

そしてこの幕切れのシーンが象徴的なものとして成功するかどうかは
小山さんのからだによる表現にかかっている。

それはもう見事でした。言葉がでないぐらいに…。
夢のような儚さ。身悶えするお姿のセクシーさ。
そこにいるのが生身の人間ではないような感覚も!



(その2) 新しいヴェニス! 新しいアントーニオ!<2001/11/19(Mon) 02:38>

本日千秋楽でした。おめでとうございました。
そして小山さんにはお疲れ様でございました。
どうかゆっくりお休みになって頂きたいと思います。

終わったんだなあと、今は淋しさも感じてます。
今回のカラミトル版「ヴェニスの商人」、予想を越えて素晴らしかった!終始圧倒されっぱなし。
自分の感受性の器がもっと大きければもっと深く感じることができるだろうに
小山さんが出てこられると、しばし呆然自失状態になるので、どうもいけません(^^)。

この演出は、何よりも新しい!!!新しいヴェニス!です。

シンプルでうつくしい。
楽しく生き生きとして、音楽的。シャープで都会的。
しかも”本質的なもの”とでも言うべき何かが
暗示されていました。(それが何かまだよくわからない。)

今世界で起こっている問題にも、とても深くつながっています。
古典は常に新しくなる・・・のお手本みたいな感じ。

でもあれこれ考えながらみるような芝居ではない。
展開がスピーディで考えてるヒマなどない(^^)。
たっくさん感じる、そして楽しく笑えるお芝居でした。
カーテンコールでは、音楽と共に自然に手拍子が出てました。楽しかった!

そして小山さんのアントーニオ・・・
それは全く新しいアントーニオ像の造形でした!
あれは小山さんにしかできない。ほんと素晴らしかったです。


(その1)11月17日・帰阪直後の感想<2001/11/18(Sun) 01:58>

本日「ヴェニスの商人」拝見してきました〜!
と〜っても素晴らしかったです!
小山さんもほかの役者さんも、衣装、装置、音楽、照明、全部素晴らしい!
小山さんのファンだからということを抜きにして、客観的にすばらしかった。

明日千秋楽がありますので、今は具体的な内容に触れての感想は差し控えます。
このお芝居は、観た人の話とかを聞かずに、白紙の状態でご覧になった方が絶対いいです!

でも小山さんについて一言だけ言うのをお許し頂けるなら
…あ〜やっぱり今はやめておきます。明日終演後以降にまた!
それではおやすみなさい〜〜!




HOMEへ
   観劇記目次へ